Category Archives: サッカー

待機指示の重要性

 あいまな指示の話の続きだが、仕事やイベントにおいて大勢の人が時間や行動を共有し進行する上で大事な指示のひとつに「待機指示」というものがある。

 文字通り「待機していなさい」という意味の指示であり、ある意味「何かをしろ」という行動を促すための指示とは真逆の指示となる。

 しかし、これは特に集団に相対するときに重要な指示となる。

 つまり指示する相手に、どう行動していいのか分からなくなるような中途半端な時間を与えないための指示であり、今は集団の行動に従う時間なのか個人の自由で行動していい時間なのかをはっきりさせるための指示である。

 最近何度か中国の結婚披露宴に参加して感じたことだが、中国の披露宴の司会者は「拍手をしてください」などの「行動指示」はするものの、この「待機指示」についてはほとんど気を配らず指示が出ない。

 故に参加者にとっては今がイベントの時間なのか、休憩の時間なのか判断できない空白の時間が度々生まれており、トイレや電話をかけに行ってもいいのかよくわからないアイドル状態になることがしばしばになっていた。

dsc08193

 まあ、イベントのタイミングであろうがなかろうが集団の中でも平気で個人行動ができる中国人達にはそのような「待機指示」は無意味なのかも知れず、故に司会者も指示しないのかもしれない。

 しかし周囲の流れに気を遣う我々日本人にとってはその指示は重要で、結婚披露宴のような特別な儀式の中では司会者の指示に頼るほかないので、その指示があいまいだととても行動に困るし、精神的に無駄な神経を使うことになる。

 このような結婚披露宴の参加者群という訓練されていない人の集団をまとめるには、やはり司会者などの取りまとめ役から動と静の切り替えの指示は必ず必要で、アイドル状態の空白の時間を作らないのがイベントの司会者の大事な仕事の一つとなる。

 つまり結婚披露宴で言えば「いましばらくご歓談ください」という司会者の一言は、くだいて言えば「次にタイミングを指示するまでの自由な時間ですよ」という意味になり、参加者たちにとっては拘束から解放される時間となり安心感をもたらす。

 まあ中国人達がこういった待機指示の重要性を理解していないのは、何も披露宴の司会者に限らず一般社会の仕事の中でも同様なようで、中国人達は「あれをしろ」「これは止める」の指示は出来ても止めた後のフォローをしない、つまり待機指示がなく放置状態となる場合が多々ある。

 止めさせたのだからいいのだというところで相手が思考の外に出ているのだ。

 つまり相手が「待機」という稼働状態であることへの理解が出来ていないのだと思われる。

 しかし集団が一つの行動をするためにはこの「待機指示」はやはり非常に重要である。

 中国人はスポーツにおいて団体競技が苦手といわれるが、こういった他者の状況の把握と指示という意識に欠けてしまえば、集団での行動がぎくしゃくしてまとまらずに力を発揮できないのは当然である。

 足し算ではいえば人口的に圧倒的な力を持っている中国が、未だ日本に及ばない面があるのは国民のこういった集団への気配りの差のような気がする。
 

岡田監督の杭州緑城チームが苦戦中

 去年だかに日本のサッカーの岡田元代表監督が浙江省杭州のクラブチームの監督に就任したというニュースを見たと思うが、その後実際どうなったのか今日突然気になった。

 就任以降、日本語ソースも中国語ソースもとんと情報を見ていなかったが、どうやら調べてみると中国のスーパーリーグは開幕していて、既に7試合ほど消化した状態らしい。

 で、戦績はというと彼の杭州緑城チームは今日4月26日現在で1勝4敗2分けで16チーム中の最下位16位という位置に沈んでいるらしい。

 得点も7試合で3点だけと、かなり寂しい状態で当然2点以上とった試合が1回もないような状態のようだ。

 まあ元日本代表監督として鳴り物入りで入ってきた割には成績としてはまだ実績らしいものはなく現状としてはとても寂しい状態に見える。

写真はイメージ

写真はイメージ

 しかしである。

 彼の動向を詳しくチェックしている日本語サイトなどを見ると、成績はともかく周囲からの評判はそれほど悪くないらしい。

 というかどうやら評価が高いようなのだ。

 例えば就任早々に、コネ入団などなぁなぁで在籍していたような選手のクビをすぐに切ってヤル気のあるユース選手と入れかえたり、チームプレーをしない外人選手を外したり、とにかくプロたるは何たるかを一生懸命叩き込んでいるようで、そのしがらみに縛られない動きの良さが評価されている。

 故に成績を求めること自体はこれからということになるようだが、オーナーさえ短気にならなければ、現状の動きを見ている限りでは数年後にはいいチームになる可能性はありそうである。

 とはいえ、彼も中国に来た日本人の例にもれず我々同様に中国人という異文化星人には苦労しているようで、試合中に控え選手が電子ゲームで遊ぶといった子供のような中国人選手たちには日々手を焼いているらしい。

 まあただそういう姿も、W杯の出場国監督として世界の舞台を経験してきた彼が、また改めてゼロに近い状態からスタートして頑張っている証しなわけで、その姿は外から見ていて面白い。

 日本代表監督時代、W杯直前のあまりにもふがいない姿に私も彼を叩いたこともあったが、今は新天地で何もない状態からスタートできる彼が羨ましくもある。

 明日もACL常連の大連実徳チームとの対戦があり、まあ今の現状からいくと勝つのは難しそうだが、焦らず数年後の活躍を目指した本当のプロといえるチームを作って欲しいものである。

原文

なでしこの勝因はケアの差?

 W杯でアジアで初めて優勝したなでしこJAPAN、誰も語ってないので自分で書くが、今回の試合中継を見ていて印象に残った対称的なシーンがあった。

 それは、90分のゲームを終えて延長戦に入るまでの両チームの時間の過ごし方である。

 アメリカチームはなかなか打破できない苛立ちの表れなのか、監督が一生懸命に日本の壁を突き破るための作戦を話していた。その間アメリカチームの選手たちは立って一生懸命に話を聞き入っていた。

 それに対して日本チームはピッチに立っていた全員が足のマッサージなど体のケアにまわっていたのである。
90分の疲れを可能な限りとり、延長戦の30分間に備えていたのである。

 結局その休憩の間、アメリカチームは全くといっていいほどボディケアをやらずにすごし、逆になでしこはほとんどコンディションケアのためだけに時間を使った

 つまり片方は作戦会議で時間を過ごし、片方はコンディション作りに時間を使ったのである。
 
 アメリカチームは体の大きな選手が多かったので頑丈なアメ車のごとくあと30分くらいのゲームのコンディションには自信があったのかもしれない。

 日本は体が小さい分元々ボディケアには非常に気を使っていたのかもしれないまたもうあの時点まできたら、なでしこたちにとって作戦どうこうが問題ではなかったのかもしれないし、自分たちのサッカーを最後までやりきすれば必ず勝てる、そう信じていたからこそ作戦ではなく、コンディションを優先したのかもしれない。

 お互いどんな理屈の元でそう過ごしていたのかは実際に訊いてみないとわからないところではあるが、とにかくこれを見ていたとき、私はなんとなくなでしこたちの勝利を確信した感がある。

pic_a051

 そして延長戦が始まった。

 私の見立てが正しければ、前半を無失点で乗り切れば後半にチャンスが来る、そう見ていた。
 
 そして私の予感はあたりつつあった。アメリカチームのパワーやスピードは確かに相変わらずの感があったが、既に延長前半からパスやキックの精度が落ち始め、ミスが目立ち始めていた。

 まあ延長前半終了間際に点をとられてしまったときはさすがに計算が狂ったなと思ったがそれでも焦りは感じなかった。

 あと15分もあるじゃないか、時間がなくなるまでチャンスはいくらでもあるし、相手は必ずへばってくる、そして同点にすればこちらのもんだ、そう思って見ていたのである。

 そして終了間際に沢選手の同点ゴール。

 私はここでまだ同点なのに不思議と勝利を確信した。

 同点とあればPK戦で、おそらくアメリカチームの選手にPKのキックを確実に蹴る精度は残っていないだろうと感じていたからである。同点にされた精神的ショックも小さくないはずである。

 そして案の定、PK戦が始まると、アメリカの選手のPKは精度を欠き3連続で入らなかった。

 PKを止めた海堀選手の功労の価値を下げるつもりはないが、延長前に体のケアを怠ったあの休憩時間のすごし方があのミスキックや海堀選手にコースを防がれるキックに繋がったような気がするのである。

 そしてなでしこの勝利。

あの休憩時間の過ごし方、つまりケアの差が今回の明暗を分けた、私はそう思っている。

 
とにかくおめでとう、なでしこJAPAN!

広告塔戦略

 サッカーの元日本代表監督のトルシエ氏が深センのクラブチームの監督に就任したとのニュースが流れた。

 当のトルシエ氏は、チームの実力を鍛え上げるために呼ばれたつもりでオファーを受け入れたと思われるが、クラブ側にどこまで本気でチームを強くする気があるのか少々疑わしいようなニュースが伝わっている。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあ、一流のシェフさえ連れてくればレストランがオープンできると思っているような単純思考をする人の多いこの中国であるからゆえ、監督さえ優秀ならば成績がすぐ上がるとクラブのオーナーは思っているのかも知れないし、世界のサッカー事情やレベルを全くわかってなくてただ単に有名な彼を呼んだとも考えられる。

 しかし実際は彼を呼んだ一番大きな理由は広告塔の役割りを彼に持ってもらうということであろうことは想像に難くない。

 トルシエ氏のようなアジアでそこそこ有名な監督であれば、チームが強くならなくてもいるだけで十分に広告塔の価値はある。

 彼がいるだけで、日本からの取材は確実に増えるだろうし、テレビ中継も入って放映権料なども収入も増えるかもしれない。
 そうすればクラブの財政事情もよくなり本当にいい選手も獲れ、実際にチームも強くなるかも知れない。

 そういう広告塔の意味として投資したのが本当のところなのではないか?

 まあ今回の件に限らず、社会には有名人を広告塔につかったり、あるいは仕立て上げたりして所属する団体のイメージを上げようとする活動は少なからず行なわれている。

しかもそのバックの組織の影響力によって、能力などに大して差が無かったり、明らかに実力不足であるにも関わらず「恣意的な持ち上げ」が行なわれ、スター扱いされている人も少なくない。

 某宗教団体の有名人の活躍や、オリンピック代表選考で明らかに実力重視ではない選考が行なわれるのはそのバックの意向が強く働いていると昔から言われていた。

 日本のプロ野球でさえ、人気を考慮して選手起用が行なわれる場合もあるのは周知の事実である。

 メジャーリーグでさえ日本人を獲る理由の何割かにそういった事情が含まれている場合がある。全てがそうではないが、広告塔への投資という意向は少なからず働いているであろう。

 本人も自分の実力不足を承知で広告塔の役割りに専念している場合ならば仕方ないが、今回のトルシエ氏のように自分の実力が買われたのだと勘違いしてピエロになってしまう場合はちょっと気の毒でもある。

 まあ逆に言えばこの「知名度」というのは日本の選挙なんかを見ればわかるように実力以上に価値があるともいえるのだが、きちんと努力している人から見ればやはり実力がきちんと評価されていない不平等感は残る。

 話を中国に戻せば、私から見れば中国そのものが広告塔戦略の塊のような国である。

 上海に代表される大都市のビル群や、新幹線の速度、果ては宇宙開発のような派手な広告塔を前面に押し出し世界最先端をPRするが、現実には国土と国民の大半は何十年も変わっていないような田舎暮らしをまだ続けている。

 上海でさえ、都心から車で1時間も離れればとても先進国とは呼べないような前近代的な生活風景が広がる。
 そんな風景と上海の都心の風景とのギャップに「ハリボテ」とか「広告塔」という言葉を思い出さざるを得ないのが今の中国だ。

 ビジネスの上でも大きな風呂敷を広げたり、ビッグネームの名前を出して注目を集めておいて、現実には大した中身がないという場合が良くある。

 最近ようやくそんな中国のビジネスの特質に慣れてきたが、派手なPRをするものほど中身がないのはどうやら世界共通のようである。

まあそんな広告塔に騙されないようにすることはもとより、上海で働いているからといって中国人に広告塔に使われて恥をかく日本人にならないよう気をつけたいとも思う。

「waka waka」にはまって敗戦ショックも飛ぶ

今回のサッカーのW杯のワールドカップの公式テーマ曲として使われているのがコロンビア出身の女性歌手シャキーラさんの歌う「”Waka Waka(This Time For Africa)」である。

シャキーラさん

シャキーラさん(引用元

 なぜアフリカの大会なのにコロンビアの歌手かという問題は、ワールドカップという舞台に免じて許したいと思うが、とにかく私は開幕以来この2週間あまりこの曲のノリにはまってしまい、頭から離れない。

 CCTVで中継されるこれらの試合の合間の、試合のハイライトシーンのバックで流されるこの曲が非常に気持ちいい。

 残念ながら、昨夜の日本代表は敗れてしまいベスト8の夢はかなわなかったが、この曲の明るさというかノー天気さが、敗戦のショックの暗い気持ちを吹っ飛ばしてくれた。

 フランス大会のときのリッキーマーティンの「ザ・カップ・オブ・ライフ」はどこかに国の代表を背負う戦う男たちの人生のような重さがあったが、この「waka waka」はそんな暗さというか悲壮感は微塵もない。

 サッカーを楽しもう、人生を楽しもう、アフリカを楽しもう、そんなノリでどんどん楽しくなる。

応援していたチームが負けてしまった試合の後でも、これが「サッカーさ」「面白い試合じゃなかったじゃないか」「楽しかったよね」とすっきり明るい気分にさせてくれる。

 ネット上で見つけたMVも非常にノリがよく、歴代のワールドカップの名シーンがふんだん盛り込まれており、FIFAの公式曲でなければ実現しなかったほど何とも贅沢な内容で、曲を歌うシャキーラさんはもとより、一緒に踊る女性ダンサー達はセクシーというより、楽しく踊るノリが非常に魅力的だ。

 今後暫くはサッカーやスポーツ関連で使われる定番曲になるのではないか、そんな予感をさせる楽しい曲である。

原文