中国人の誕生日は信用出来ない。

 先日、ある中国人女性に自分の誕生日を聞かれたので素直に答えたら、私と同じ星座ですねと言われた。

 これを聞いて、私はちょっと驚いた。

 実は私は以前その女性の身分証明書を見せてもらったことが有り、知り合いと同じ誕生日だということから確か3月という記憶があり印象に残っていたのである。

 それ故に9月生まれの私と同じ星座であるはずがなかったのである。

バースデーケーキ

 疑問に思って相手の話をよく聞くと、実は本当の誕生日は秋であり、3月というのは両親が一つ上の学年に入れるために前倒しで申請したニセの誕生日らしいということが分かった。

 中国では9月1日が学校年度の切り替えのタイミングであるため、9月1日以降に生まれた人と8月31日以前に生まれた人は、同じ年に生まれた人でも別の学年となってしまうものとなっている

 日本でも4月1日以前に生まれた人と4月2日以降に生まれた人で学年が違ってしまうのはよく知られているが、中国では9月1日が基準になっている。
 それ故に恐らく彼女の両親は、彼女を妊娠した頃に、生まれる前にもかかわらずさっさと出生届を出して、一つ上の学年に入れてしまったということになる。

 どうして上の学年に入れたいのかといえば、一にも二にも教育を早く受けさせたい両親たちの希望であり、8月31日に生まれた子どもと9月1日に生まれた子供ではたった1日の誕生日の違いであっても教育のスタートは1年違ってしまうことになるからである。
 早期教育のほうが、ゆくゆく後の成績に差がでるというのはよく言われていることであり、実際そのような統計も出ているようである。
 もちろん、こうった出生日調整などということは、これは出生証明書を偽造しなければできないことだが、恐らく中国ではその辺りのことはお金の力でどうにでも出来ることなのだろう。 

 まあこの彼女のように半年も誕生日を調整している人はそれほど多くないかもしれないが、暦上の縁起の良い日にずらしてしまったということは日本でも時々聞く話ではある。

 さらに農暦と言われる旧暦の存在も中国人の登録上の誕生日の正当性を危うくしている。
 中国では旧正月の春節が、太陰暦である旧暦によって西暦(太陰太陽暦)で示す月日上で毎年変動することはよく知られていることだが、この太陰暦はそれぞれの日に縁起のよい日と悪い意味の日があるとされる。

 故に、それを信じる人にとっては誕生日が西暦で誕生日を登録すると毎年旧暦上の誕生日が動いてしまうことになり、西暦上では悪い日にぶつかる可能性があることから、最初から旧暦上の日付で誕生日を登録してしまう人もいるようだ。

 ことほどこのように中国では身分証明書を見たところで、その誕生日が本当に生まれた日を示しているかどうかはわからないのである。

 このことから考えると、誕生日を基礎にする星占いなどは中国人に対しては本当の誕生日を聞かないと真実はわからないのであり、迂闊に相性占いなどやっても結果はデタラメになるだけなのである。

 ちなみに私の誕生日は、小さい時に母親が見せてくれた「へその緒」の箱についていた日付と時間が一致していたから、実際と登録日に差はないようであり、安心して自分の誕生日で占いなどを見ている。(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com