Tag Archives: 鶏唐揚げ定食

元力士が作った「おにぎりや」

 昨日、元力士が作った「おにぎりや」が出来たと聞いたので伺ってきた。
 まあ元力士といっても、昨年まで「照ノ谷」というお店を開いていたあの方であり、日本から新たに乗り込んできた方ではない。

 で、お店の場所は南京西路698号3階の最近出来たばかりのフードコートの一角。

 フードコートとしてはややこじんまりしている空間だが、近くにオフィスビルや上海テレビなどがあることあり昼時は結構混み合うようだ。
 ただ訪れた時は夜であり、アルコールなどを提供しないお店であるため人は疎らだった。

 早速「唐揚げとおにぎり定食」を頼み、出てきたのが下記の写真。

おにぎり唐揚げ定食

おにぎり唐揚げ定食

 大ぶりのおにぎり一個と唐揚げ(サラダ付き)、味噌汁、冷奴、卵焼き、きんぴら、漬物の組み合わせ。
 おにぎりは鮭、キノコ、海老などの中から選べるとのこと。
 これで通常は45元だが、今のところオープン特価ということでなんと30元ということのようである。

 尤も親方に伺ったところ、まだおにぎりの種類や使う米、また組み合わせるメニューの内容や器なども含めて現時点では全てが手探り状態であり、当面は流動的に縁化していく可能性が高いとのこと。
 つまり現時点では完成形ではないとのことらしい。

 で、実際食してみたところ、唐揚げは長年のお店を切り盛りしてきた親方の味ということもあって当然の如く非常においしい。
 で、おにぎりはこちらも味としては美味しかったが、どうも米の粘り気不足でポロポロしてしまうといった印象であり、この辺りが今現在試行錯誤中ということのようだ。

おにぎりや

おにぎりや

 そのほか、味噌汁と漬物は普通に日本料理屋の味で、やや雑然としたフードコートの一角で食べるにはちょっと贅沢すぎるくらいな印象である。
 で、おにぎり一個だとちょっと物足りなかったので、さらに2つを追加して食べた。

おにぎり

追加のおにぎり

 こちらも美味しいがやはりちょっとポロポロする。
 完食してみて、確かに美味しくお腹いっぱいになったが、もうしばらくは親方の試行錯誤を待つ必要がありそうなこのおにぎりやの誕生である。
 数か月後の成長に請うご期待といったところである。

開発中の新メニューをこっそり公開

先日、件の鳥ノ巣の店長にちょっとしたアイデアを提案したところ、なんとリクエストに応じてメニューを開発してくれた。

鳥の巣

鳥の巣

 その名も「鳥の巣」(笑)

 写真の通り、ポテトのバスケットの上に細ねぎやレタスが敷かれ、
さらにその“巣”の中に鳥肉のから揚げの甘酢あんかけのような肉がのり、
さらにウズラの卵までついている!

 まさに店名の「鳥ノ巣」そのものの雰囲気である!

 試食したところ、多少の改善の余地はあるが、結構面白い仕上がりである。

 今後レギュラーメニューでの登場が非常に楽しみになった。

今日のランチ「鳥から揚げ定食」満月さん

今日は天気がよかったので、久しぶりに西まで足を伸ばしてみた。自宅近くから88番のバスをひたすら西へ向かった。
ビザ取得時に身体検査をした医療センターの近くの金浜路で下車し、そのそばの「満月」さんという日本料理屋さんでお昼をとることにした。
このお店は本来、焼肉が主体だが昼時には普通の日本食ランチもある。この近くには日本人住宅街として有名なガーデンプラザさんがあり、そこの住民の利用が多いようで、実はこの日も知り合いの夫婦に偶然会った。

 今回は焼肉をするつもりはなかったので普通のランチということから「鳥揚げ定食」(35元)を注文した。から揚げそのものは特別美味しいと取り上げるほどのものではないが、基本に忠実で安心できる味である。

17212

実はこの定食のなかでちょっと感動したのは付け合わせの野菜である。写真ではから揚げの上部に移っているキャベツである。中国の日本料理屋に限らず、日本でも日本食では主菜に対してしなびたセンキャベツが付いている場合が多いのだが、このお店のものは一味も二味も違い、単なる付けあわせではなく、一つの料理として成立している主張をもった料理である。

 こういう面を見てしまうと、このお店の料理に対する姿勢というものを感じ取ることができ、更に機会があればまた訪れて別の料理を注文したいという気になる。主菜の味が飛びぬけていなくても付け合せのような脇役をきちんと大事にするこのような姿勢のお店を私は大事にしたい。

YAKINIKU 満月
上海市長寧区金浜路112号
021-6268-7860

ボリュームたっぷり福来亭の鶏唐揚げ定食

上海で日本料理や入ると必ずといっていいほど定食メニューにあるのが鶏唐揚げ定食だ。鶏の唐揚げは子供の頃から大好きで、高校時代は近所のほか弁で、大学時代は当時の彼女と一緒に唐揚げを作って食べていた。特にその大学時代の食事の回数に対する唐揚げの登場率は非常に高く、そのお陰で高校時代のスリムな体系から、ほぼ現在の体系に変化してしまったといっても過言ではない。
 そのときの教訓もあって、最近では唐揚げを食べることは手控えているのだが、大好きなメニューであることには変わりないので月に数回は唐揚げ定食は選択に入ってくる。

 上海の数ある唐揚げ定食の中で、唐揚げそのもののボリュームが一番であろうと思われるのはここ福来亭の鶏唐揚げ定食である。月曜から土曜までの昼定食としてのセットとしてなっており、値段は35元。残念ながら日曜日や夜には単品でしか注文できない。セットとしてご飯、味噌汁、煮物、キムチ、フルーツがつく。さらに私は個人的希望を出してマヨネーズを追加している。体には少し毒な気もするがこれは欠かせない。

 お盆に載せられて運ばれてきた定食セットの中でひときわ大きな面積を占めるお皿に、Lサイズ卵大の唐揚げが4~5個どーんと載ってくる。初めてのお客はこれにまず圧倒されてしまう。
 さあ、いざ!とこの大きな塊をかぶりつく。この醍醐味はちょっと他のお店では味わえない唐揚げ好き泣かせの瞬間だ。独特の衣もこのボリュームを演出している。世の中においしい料理はたくさんあれど、ここまで「食べる」ということに満足感を与えてくれるメニューはなかなかめぐり合えない。食べ終わった後に「食べた」という充実感がある。
 それだけに自分の体のことを考えると、常時この唐揚げを食べるわけに行かない年になってしまっていることがちょっともどかしい。
 逆に言うとそれだけ惹かれる魅力のある福来亭の鶏唐揚げ定食である。
皆さんも一度お試しあれ!

 福来亭 
 営業時間:10:30~翌3:00
 栄華西道19弄11号
 TEL:(021)62190437