Tag Archives: 面子

中国はまだまだ「毒物除去」が環境テーマ

 先日の工業博覧会に先んじて、中国の環境問題について日中共同のシンポジウムが行われたのだが、その席で中国はまだまだ環境問題についての意識が世界スタンダードに追いついていないなと感じた。

 日本側が地球温暖化に向けての二酸化炭素排出量削減や資源再利用による地下資源依存からの脱却を図ることを目指して地球全体の環境を考えた論点であったのに対し、中国側からの論点は生活用品に含まれる銅や水銀などの有害物質除去など国内の生活安全問題がが大きなテーゼであった。

 確かにこの中国のテーゼは現在の中国が抱えている重要な課題ではあるが、世界的に見れば既に過去のテーゼであり、世界中で解決済みというわけではないが技術的にはほぼ手段が確立されている。

 もちろんそこに至るまでは先進各国も公害という同じ道を歩んできており、日本も水俣病などの苦い歴史を経て今の安全性が確立されているので中国の抱えている事情もよく分かる。

 今は経済発展の真っ只中であるが故に、環境=身の回りの生活環境であり、地球温暖化も意識にないわけではないだろうが、目先の問題解決が先で世界全体の影響まで考える余裕がそれほどないのかもしれない。

 ただ我々日本人としては、そういう中国の事情は理解するにしても、日本の10倍以上の人口が一斉に経済活動を活発化させている現在において、やはり地球全体の環境に与える影響も日本の比ではなく、環境問題の舵を誤れば中国国内のみならず世界中に影響を及ぼす問題なので黙って待っているわけにもゆくまい。

 ただし「こうすれば解決できるよ」と日本流を押し付けるのは簡単だが、プライドの高い中国人はそれではなかなか受け入れないであろう。
 面子を重んじた上で、同じ道を先に歩んできた日本がその知恵をどう伝えていくのかは非常に難しい問題である

オリンピックが経済に与える悪影響

加熱しているオリンピックであるが、その影でオリンピックが経済に与える影響が深刻なものになっているとの話を聞いた。

「オリンピック後」の経済の先行きが不透明であるという話は以前から言われていた話であるが、実は既にオリンピック最中の話として経済への悪影響が懸念されている。
今回のオリンピックを迎えることによって、特需が期待されていたが、結局は所得格差が埋まらずテレビの買い替えなどの需要には繋がっていない。
また北京の警備や規制の激しさ、さらに環境の悪さが伝えられている影響で外国人観光客の誘致に失敗しホテルの客室も埋まらず、また新たに開通した交通機関の利用率も期待ほどではないということだ。

 さらに最も深刻だといわれているのが、北京の大気汚染への影響を抑えるためにオリンピック期間中の化学工場、鉄鋼工場などの操業停止、更には自動車の乗り入れ規制などだ。

これらが北京経済を停滞させ、さらにはボランティアの大量動員や、出稼ぎ労働者の追い出しなどが労働人口の減少させ、今回のオリンピックが中国経済全体に重く影響を与えているということらしい。

 国家の面子で、無理矢理体裁を整えて順調に行なわれているように見えるオリンピックであるが、その不器用かつ強引なやり方ゆえ、オリンピックは成功したとしても払った犠牲は予想以上に大きいのかもしれない。