中国連休・円高連動説が継続中

 日本のカレンダーはGWが一応一段落したので、今日を休まないで久しぶりに出勤されている方もそれなりにいると察せられる。
(今日も休んで大型連休の方も大勢いるだろうが、、、)

 そして中国でも5月1日の労働節(メーデー)に合わせた連休がささやかながら組まれており、土日プラス5月2日の三連休となり、この休みに合わせて日本を含め海外に出かける人も大勢いた。

 さて、以前から最近の円高について何度か書いてきたが、2月に書いたブログで中国の連休の度に円高が進むのではないかという予測を書いたのだが、今回の連休でも見事に円高が進み再び105~106円台に達する結果となった。

 人民元レート

 まあ円高の真の原因については別のところにあると言われており、自分自身はそれを覆すだけの材料も根拠も持ち合わせていないので、抗うつもりもないが、少なくともタイミングだけは今回も一致してしまった状況になっている。

 しかも今回の連休は今までに比べ、関税政策の変更もあってか訪日観光の爆買いの規模も小さいと言われ、それ故か円高の進行幅も連休スタート時こそ2~3円のレンジで一気に動いたがそれ以外は小幅な値動きとなっており、やはり奇妙な一致が見られる。

 繰り返すが、円高=爆買い原因説をそれほど強烈に押しているわけでもないのだが、こうもタイミングが一致してしまうとひょっとするとという意識が頭をもたげないわけでもない。

浦東空港の荷物検査

浦東空港の荷物検査

 さあ、この傾向が続くとすると次の契機は6月9日の端午節休暇となると思われるが、果たしていかがであろうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com