Monthly Archives: 8月 2007

大海の中の一滴はもう見つけられる

中国で一人の人間を探すことは大海の中の一滴を探すようなものだとよく言われる。
確かに13億もの人間もいればその言葉はある意味納得できるような気がする。
しかし考えてみれば、多いといってもたかだか日本の10倍の人口である。
 日本には世間の狭さを示す言葉がある。「世間は狭い」「情けは人のためならず」など社会はどこかで繋がっているので、自分がやったことには良いことも悪いことも将来必ず報いがあるという考え方に基づいている。「一期一会」という言葉も逆説的なそれである。
 ところが中国には「大海の中の一滴」のように、一度離れたらもう二度とめぐり合わないという考え方が根底にある。実はこれは中国人の人付き合いのスタンスを如実に現している。つまり家族以外の人間は二度と巡り合わないから、その場その場で相手を騙して悪く思われても平気なのである。だからいつも家族と身近に付き合う(付き合っていかなければならない)朋友でない人は信用しないのである。

 しかしこれは経済発展が始まる前までは通用していた考えであるが、上海のようにここまで経済が発展し、情報化社会が進むと中国自体が大海の中の一滴ではいられなくなってきている。つまりその一滴を見つけることができる社会になりつつある。
 大海に落とした一滴の毒が大海ごと汚染してしまうことや、そのことによって失われていく信用の大きさに、ようやく一部の人が気づきはじめている。日本や欧米が持ち込んだ世界の社会ルールで嘘やその場のごまかしが大海の一滴として隠しきれないことの怖さに中国がようやく直面している。これからが中国の正念場だと思う。

コーラ型修正テープ

6621

思わず、買ってしまったこの修正テープ。機能そのものは普通の修正テープと変わりないが、実はこのコーラ瓶のくびれが意外に持ちやすい。キャップの王冠がちょっとお洒落だ。
よく見るとラベルの綴りはcorecto1となっている。テープの長さも6Mあって結構使える。

携帯の家族の番号には続柄を

これは日本で緊急病院に勤めている友人がmixiに書き込んでいた内容なのですが、なるほどと納得したので、同じ内容をここで書かせて頂きます。本人にも許可取りました。
誰でもいつ事故に遭ったり、病気になるかはわかりません。 救急外来には、名前すらわからない状態で突然病院へ運ばれてくる人がいるそうです。
持ち物があればいいのですが、すべての人が持ち物を持っているわけでもありません。
でも携帯がポケットに入っている確率はとても高いようです。
ただし、その人が誰に電話をしていたかは判明してもその人が誰なのかを把握するのは難しい。でもそんな時、携帯の電話帳登録のうち家族の電話番号には名前だけではなくて「夫」とか「実家」と入力されていたら間違いなく早く家族に逢わせることができると書いてありました。
もちろん、オレオレ詐欺に間違えられることだってあるかもしれないですけど。
これは他人事ではありません。
万が一のときに備えて、携帯の電話帳のうちの誰かひとりでもいいので続柄を入力しておきましょう。一日一日の生活が平和でありますように。