Tag Archives: 忘年会

ビンゴゲームを知らない中国人たち

ここのところ忘年会続きで、体重キープもやや難しくなりつつあるが、最近一つの発見した。

 それはある県人会の忘年会出来事である。

 年末の忘年会ということで、プレゼント交換会なる催しがどの会でも行われるのだが、そのプレゼントの渡し方の代表格といえばゲームで順位を決めて上位の人から選ばせるというやり方であり、さらにそのゲームの代表格といえば今も昔もビンゴゲームである。
 この忘年会でも、例に違わずビンゴゲームで賞品の配布を決めることになっていてビンゴカードが全員に配られた。

 ところが、そのとき隣に座っていた中国人は配られたビンゴカードを見て

「これはなんですか?」(もちろん中国語で!)

と質問してきた。私は驚いて

「ええ、あなたこれ知らないんですか?ゲームで使うんですよ」(もちろん中国語で)

と答えた。すると彼は

「ゲーム?どうやって使うんだ?」(もちろん中国語で)
とさらに質問してきたので、

「それはね、、、、」と中国語で答えようとしたが、流石にちょっと複雑なのでギブアップ(情けない)
そばにいたゲームを理解している中国人に説明のヘルプを頼んだ。

 なんだ、ビンゴゲームをしらない人もいるんだなぁと、彼特有の事情とそのときは思ったが、見渡してみると彼以外の中国人もそのほとんどが、何のカードか分からずビンゴカードを眺めていた。

「ええ?!中国人はビンゴを知らないのかぁ???」

驚いて聞いてみるとみんなやったことがないという。ちょっと驚きである。どうやら中国人の社会の中にビンゴゲームはあまり知れ渡ってないらしい。

さぁ、そんな初ビンゴの中国人たちと一緒にやるビンゴゲームはしっちゃかめっちゃかである。穴のあけ方も知らなければ、当然上がり方もわからないし、リーチも分からない。いちいち傍の日本人がヘルプしてあげて何とかビンゴにこぎ付ける。

私の隣の彼も、上がっていたのに気付かず申請がワンタイミング遅れて順位が下がってしまった。

まあそれでも彼は上機嫌だったが、、、、

 私は面白がってそのときのビンゴカードを持ち帰って会社の中国人の同僚にも見せてみた。やっぱり、何に使うのか全く分からないようだった。

 うーん、普段同じような常識の中で働いているように見える中国人達が、日本人の大人ならかなりの割合で知っていると思われるビンゴゲームを全く知らないというのは生きてきた文化が違うとはいえ、やはりちょっと驚きである。
 まあこれだから外国で暮らすというのは楽しいのだが。

 今後、中国人社会の中に日本人の影響でビンゴゲームが浸透していくのかどうかちょっと見モノではある。

きっとクリスマスまでにデブになる。

年末までのスケジュールをざっと眺めたら、クリスマスまでに忘年会が既に6本入った。普段でも割と会合には出るほうだが、ちょっと多すぎる。
特に15日の週は4本も集中している。まだ増える可能性もある。
まあデブになるのは仕方ないにしても、(仕方なくないが)食べ方を気をつけないと痛風や高脂血症で倒れかねない。もともと危険水域に片足突っ込んでいるような自分である。冗談でなく気をつけないと命がやばい。参加そのものは楽しんで参加しているとはいえ、これだけ続くと食っても食わなくてもある意味地獄だ。

17088

クリスマスイブがクリスマス・デブで苦しみますツライにならないようにしないといけないとは思うが、なかなかコントロールが難しい。

17088b

(写真は直接関係ありません)

 ところでこの「デブ」という言葉だが、出不精(でぶしょう)から来たのかなと、ふと考えてみた。でも出不精でなくても「デブ」になるのは自分で証明済みなので違うのかもしれない。

忘年会などに便利なバイキングレストラン発見!

先日、兵庫県人会でこのホテルの潮州料理のほうを利用させていただいたのだが、その際にこちらのホテルの小澤総経理様に薦められて再度訪れたのがこちらの神旺大酒店のバイキングレストラン「バビロン」である。

16912b_2

 刺身など日本的な食材から、台湾系のそばまでいろいろな食材が取り揃えてあり、女性が喜びそうなケーキやアイスクリームなどのデザートメニューも豊富でメニューの幅の広さには結構驚いた。

16912b

 実はこのレストランのシェフは数々の大会で合計4つもの金メダルをとった折り紙つきのシェフだという。前述の総経理様のお気に入りの自慢のようで、確かに味は薄っぺらではない安心感があり、刺身なども食べてみて納得の鮮度である。

16912

 これだけ食べられて、何と飲み物込みで128元/人である。特に今はオープン期間中ということで非常に良い食材を選んで使っているとのこと。こんなところに更にお得感がある。
 デートにも使えそうな綺麗な個室もあり、5~6人の小さなグループから、部屋をぶち抜けば30人くらいまでは収容できるということなので、忘年会などの会合にもちょうどいい。

16912_2

 これから12月を迎えて忘年会のシーズンになるが、日本人のお客様にどんどんと利用して欲しいと小澤総経理様もおっしゃっていた。
 古北や徐家匯からもそれほど遠くなく、ロケーションも良い。
もしまだ予定が決まっていなく迷っている方がいたら、選択肢の一つとして候補に上げて欲しいお店だと思う。
まずは是非一回お試しを!

神旺大酒店「バビロン」
宣山路650号
(021)6145-1111(代表)