Tag Archives: インド料理

ベストなカレールーの組合せ

 最近自炊が増えて、カレーを作る機会も増えた。
まあ日本国内のように、いつでも多様な選択肢のある買い物ができるわけではないので、日本に一時帰国した時にルーを買うようにしている。

 もちろん上海でも手に入らないこともないのだが、上海では輸入品のカレールーが1箱が30元近くと、日本の2~3倍の価格となってしまう。

 また廉価な現地版のルーも売っているが、味がどうも日本のものと違う気がして、さほど美味しさを感じない。

 まあ自分でルーを作るという選択肢もあるが、そこまで時間に余裕のある生活もしていないので現在は市販のルーに頼っている。

 そんな条件の中、いかに美味しいカレーを食べるかに苦心して毎回色んなルーの組合せの試行錯誤を試していった結果、今の時点でベストかなと思える組合せにたどり着いた。

 それがSB食品の「ゴールデンカレー辛口」とハウス食品の「こくまろ中辛」の組合せ。

こくまろカレー

こくまろカレー


ゴールデンカレー

ゴールデンカレー

ゴールデンカレーはスパイスが効いていてパンチのある辛さが特徴だが、単独だとどうも辛さが少し直線的で旨味の深みが弱く、うまく作らないと辛いだけで終わってしまう時もある。

 まあ値段も高めで単独で食べてもうまいことはうまいのだが、どうしても味に深みを求めたい私としては、あとちょっとプラスアルファが欲しい。

 一方で「こくまろ」は玉ねぎの旨味があって、大変まろやかなのだが、その分味が甘すぎるというか、パンチに欠ける気がする。

 食べていてまずいわけではないのだが、積極的に選択するほどの魅力を感じず、食欲を刺激するほどのカレーにはならない。

 子供向けにはあの味は無難でいいと思うが、ガッツリ食べたい大人にとってはちょっと物足らず、実は昨日も市内の某箇所で「こくまろ中辛」単独のカレーを食べる機会があったが、やはり甘すぎると印象だった。

 やはり私は、現時点ではこのゴールデンとこくまろの組合せが気に入っている。

 カレーには人それぞれ味の好みやこだわりがあると思うが、パンチがあって旨味があるカレールーの組合せは、このブレンドがベストかなぁとお勧めする次第です。

原文

インド人が勧める上海一のインド料理店

先週、インド料理店に行ってきたばかりなのだが、先週一緒に行った友達の同僚にインド人がいるらしく、その同僚が言うには上海一うまいインド料理が上海動物園の近くにあるというのだ。
上海一と聞いていてもたってもいられなくなってしまったので、2週連続ではあるが再度インド料理に挑戦することにした。

 お店の場所は虹橋マリオットホテルのそばの剣河路を北に折れ、さらに平渓路という通りに入ったところにあった。もともと虹橋空港に近いこともあって、周囲は立派な門と入り口のある外国人の多い高級住宅街であり、この季節は派手なクリスマス用の電飾の飾りつけが目立つような環境である。

上海の日本人高級住宅街として有名なガーデンプラザもこの近くである。しかしこの平渓路という通りは、周囲の高級住宅街の環境からすぽっと抜け落ちてしまったようなドローカルな街並みであり、饅頭屋や蘭州ラーメンのようなお店が数多く並んでおり、こんなところに果たして「上海一」と呼ばれる、しかも「インド料理」店があるのかと疑いたくなる環境だ。

 しかし、この環境の中にあっては、ちょっと異色を放つインド料理店が確かにあった。

店内

店内

さてさて中に入ってみるとカウンターとフロアスペースにテーブルが並んでいる、BARスタイルのつくりだ。確かに店の看板にはBARと書いてあった気がする。テーブルの上にはナプキンとインド料理の店によくある銅製のコップが伏せて置かれている。

 でメニューを見るとカレーの種類は先週の店より多い。値段は先週の店より1~2割高い。店員からいきなりタンドリーチキンを薦められたので、薦められるままに注文してみた。今回頼んだカレーは羊肉とほうれん草のカレーと、北インド料理というチーズ鍋である。

羊肉とほうれん草のカレー

羊肉とほうれん草のカレー

ナンにもいくつか種類があるらしく、薦められるままにガーリックナンを注文し、ライスはタイ米とインド米があり、インド米のほうが2元高く20元だったが、インド料理だったのでインドライスを注文した。
 で、最初にタンドリーチキンが出てきた。このタンドリーチキン、確かに美味しいのだが少々辛い。あとからこれがちょっと失敗だったと気が付く。

タンドリーチキンの残骸

タンドリーチキンの残骸

なぜならば続いて出てきたカレーを食べようと思ったときに、舌が馬鹿になっていて、カレーそのものの風味を味わえないのだ。
しばらく食べ進んでいくうちに、辛味から舌が解放されていくにつれ、このカレーのルーのうまさに驚かされたからである。舌が馬鹿になっていなければ最初からこの味を感じ取れたのにというほど残念であった。

 日本やそこらへんの薄っぺらい味とは違って、スパイスと素材が深く交じり合って、とても味わい深い。ああ、これが上海一と言われる由縁だなと非常に納得した。
惜しむらくは繰り返しになるがタンドリーチキンの誘惑に負けて、このカレーのうまさを最初から味わえなかったことである。

北インド料理というチーズ鍋

北インド料理というチーズ鍋

 さて最後にデザートを注文した。インド式チーズケーキとでもいうべきもので、見かけはころころして白玉のような丸っこいデザートである。

デザートのアイス

デザートのアイス

まさにアジアとヨーロッパの中間に位置するような食感と味であり、心がすっとした締めの味わいである。
 このお店、パーティー用のデリバリーもやっているようで2km以内なら送料無料とのことである。一人当たりの予算目安は100~200元といったところ。

次回はタンドリーチキン無しでカレーのみで味わいたいなぁと思うが、ちょっと場所が遠いのと値段が高めなのが難点。割安なランチセットもあるようなので、今度はそのタイミングを見つけてこようと思う。
上海一のインド料理をみなさんも是非お試しください。

Delhi Zaika
上海市平渓路26号(剣河路)
(021)6261-0282
中国語は通じにくく英語のほうがよい

隠れ家的インド料理店「Masala art」

上海は各国の外国料理が揃っていて、かつ東京に比べると比較的割安でいろんな国の料理を食べることが出来る。インド料理もその一つであるが、 印中戦争の影響もあるのか、日本料理や韓国料理ほど上海のインド料理店の数は多くない。
 しかし、インドは中国とともに現在世界の経済の牽引役になりつつあり、そんな状況もあって上海にもインド人が多く住み始めているようであり、そんな彼らが集う店として今回のような本場そのもののインド料理店がぽつらぽつら増えてきており、今日行ったお店もそんなお店の一つのようである。
定西路近くの武夷路の通りから門をくぐって、住宅小区の中に入ったところにこのお店「Masala art」はある。周囲が暗く、ここに本当にレストランがあるのか不安になるほどの雰囲気だ。色の黒いインド人にここで会っても見つけられないのではないかと思うほど。

店内の雰囲気

店内の雰囲気

 さて、木で出来た扉を押し開くとなかなかインドっぽい雰囲気を漂わせている。先客はインド人と東洋人のカップルしかおらず、極めて静かだが店内にはリズミカルなインド音楽が流れ、外の上海の街とはまるっきり違う空気がここにはある。室内装飾はそれほど凝っているわけではないが、壁の棚に置かれた像の置物や、インドの人形たちがある意味怪しさを演出している。

壁の人形

壁の人形

 支配人は中国人のようだが、その他の店員は全てインド人であった。
 さてメニューをみると、種類はそれほど多くないが基本的なカレーのメニューは揃っている。今回頼んだのは、チキンカリーとほうれん草とチーズのカレー。

本場のカレー

本場のカレー

一人ずつ大きな平皿を用意され、カレーが冷めない工夫なのか、皿が温めてあった。店員がどんどん取り分けてくれるのであまり写真が取れなかったのが残念だが、どちらのカレーもうまい。ライスは日本の米と同列に米と呼んでいいのか戸惑うほど雰囲気が違う。インド人はこれを手で食うと言うがぼそぼそして食べにくい。どんなに真似したくとも日本人はスプーンが必須であろう。

スープ

スープ

 一緒に頼んだ野菜スープもカレーのようなスパイスが効いていてなかなかうまいが、慣れない人間には若干抵抗があるかもしれない。ヨーグルト味のラッシもなかなか甘く美味しかった。

インドの飲み物ラッシー

インドの飲み物ラッシー

 これにあと羊の肉を焼いたものを食べて、二人で238元。まあまあの値段であろうか?少なくとも東京ではこの値段で同じ料理が食べられるとは思えない。某ネットグルメサイトには予算50元と書いてあったが、ちょっとその金額ではナンとカレー一つくらいしか食べられない。100元は見ておいたほうが無難である。

前菜

前菜

友人同士の食事の時に、さらっとこのお店を紹介できたら上海通のレッテルを貼られてしまうくらいひっそりした隠れた名店である。

Masala art
上海市武夷路418弄3-5号
021-62116479