Monthly Archives: 12月 2016

上海でムカつく料理の原因は化学調味料

 今日、上海に進出してきている某牛丼チェーンで、すき焼き鍋が安く出ていたので、注文して食べてみたところ、ムカついてしまった。

 ムカついたといっても腹が立ったわけではく、胃が気持ち悪く刺激され吐き気を感じてしまったのである。

 その時点で鏡を見たわけじゃないが、顔も恐らく青ざめ気味になっていたはずで、冷や汗もタラタラのいたたまれない状態になってしまった。
 一応気持ち悪くなった瞬間から食事を止めたので大事には至らなかったが、胃の気持ち悪さは尾を引いた。

 まあ日系チェーンの提供する商品であり、ぱっと見ではあったが食材が悪いということでは無さそうだったし、味もうまいとまでは言えないが、味で気持ちが悪くなるほどではなかったのでそれが原因とは思えるような状態ではなかった。
(ちょっとしょっぱかったが)

 では何が原因でムカついたのかを察すれば、恐らく化学調味料なのではないかと私は推測している。

 私はこの化学調味料、特にスープなどに使われているグルタミン酸の類がとても苦手であり、これらを飲むとすぐに胃がもたれ、ムカついてしまうのである。

 振り返れば日本時代も同様の状況でやはり気持ち悪くなることが多々あった。

 実は日中問わず、割安な外食チェーンを掲げるお店では結構スープの調味料としてグルタミン酸などが使われている。

 例えばしゃぶしゃぶなどもその一例で、よほどの高級店ではない限り、しゃぶしゃぶの鍋の湯には化学調味料が使われ味付けがされており、食べ進むうちに胃が気持ち悪くなり、受け付けなくなるのである。

 そういったお店で食事をするたびに胃がムカつき、顔が青ざめるほど体調を崩すようことになったわけで、最初はアレルギーや自らの体調不良を疑ったが、特定の店舗や料理で起きる現象であったため、調べてみたところスープに原因があることを知ったのである。

 これが昆布などできちんと出汁を取るお店であれば、そういう気持ち悪さは発生せず、おいしく食事がとれるのだが、やはり価格の安い店は総じて化学調味料に頼っており、胃がムカついてしまうのである。

 また上海に来て以降も、そういったスープで気持ち悪くなる体験は何度もしており、最初はやはり体調不良を疑ったが、同じ店の特定の料理で気分が悪くなったことから、調味料を疑うようになった。

 例えば、上海ではしゃぶしゃぶのほかに、デリバリチェーンの「●祥餛飩」のワンタンや、焼き餃子の●海遊龍の酸辣湯など、これらは本来好きな料理なのに何度食べても気持ち悪くなったのである。
 これらは後から冷静に分析すればやはり化学調味料がたっぷり使われたスープだったようなのである。

 逆に、同じように割安であっても、近所のローカルの小さなお店などは、スープを飲んで胃がムカついたような経験は記憶になく、衛生面の心配は多少あっても化学調味料の大量使用ということは無いようである。
 つまり化学調味料に大きく頼らず意外と真面目に料理の味付けをしているようなのである。
(もちろん店によると思われるが)

 こういったことから考えると、上海でも日本でも同じことが言えるが、出汁が主体になっているスープや料理は十分気を付けて店を選ぶべきで、特にチェーン店系のお店は、コスト面から化学調味料の使用が疑われ、気を付けなければならないのである。

 ムカついてからでは遅いのである。

たった2つになった上海雑技の劇場

 ここ数年の中国人による訪日観光ブームが報道されるようになって久しいが、逆に日本からの観光客はどうなんだと上海の旅行会社の人に最近聞いたところ、なんとほぼ壊滅に近い状態であるようなことを言っていた。

円安や環境汚染、日中関係など原因は複合的であり様々であるが、ともかく日本から観光客は、めっきり減り利益が出ない状態なのだという。

まあビジネス利用のニーズは、日本企業が駐在扱いを止めて出張ベースに切り替えたケースが多いことから、ホテルや航空機など需要は安定してあるものの、観光需要はほとんどないのだという。
そしてその象徴的な状況であるのが、上海観光の一つの目玉と言っていい上海雑技の実態のようなのである。

私の知る限り2010年の上海万博のころには、上海で上海雑技を見られる劇場は7つあったと思うが、それがつい先日確認したところ現時点ではたった2か所になってしまっているとのことである。

上海馬戯城

上海馬戯城

以前は上海馬戯城や上海商城劇院、白玉蘭劇場、雲峰劇場、滬西劇院、共舞台、宛平劇院でそれぞれ雑技が上演されていたが、現在では最初の2つを除いて全て雑技公演を取りやめてしまっていたのである。
雑技を止めた劇場はそれぞれ現代劇など一般劇場に転身しており、雑技会場は2か所しか残っていないのである。

つまり単純に言えば、雑技の鑑賞客がピーク時の1/3程度になってしまったということになり、それだけ日本からの観光客が減っているのだと推測できるのである。

もちろん円安に関係ない欧米の観光客はそれなりに一定数いるだろうが、やはり数の比では日本からのお客がお得意様であったのであり、それが激減したことが雑技の実施劇場数が1/3となってしまった原因だろうに思う。
まあ現在も残っている上海馬戯城は演劇的演出が人気であり、上海商城劇院も高級ホテルのポートマンに併設され立地が良く、それぞれ地元の上海雑技団が出演していることもあって、これ以上淘汰されることは無いと思うが、現状を考えるとやはりちょっと心配な状況となっている。
まあ雑技界の不況など私自身に直接関係ないようなことではあるものの、上海に住む身としては、この現状はやはり寂しい状況なのである。
上海観光の代名詞のような上海雑技には今後も永く続いていただきたく、安定した観光客が訪れるよう陰ながら祈っている今日である。