鼻の中の万年雪

 先週病院で診てもらった鼻の状態と頭痛が、だいぶ改善はしているものの、まだ完治しないので再度病院を訪れた。
 いろいろ症状の改善具合を医師に説明したところ、やはりまだ副鼻腔炎が完治してないとのこと。
 相当長い期間患っていたので、鼻の中に万年雪のように膿が溜まっているとのことらしい。
 抗生物質でそれなりに改善したが、まだまだ底雪には手が届いていないということのようだ。

 思い起こせば数ヶ月前に原因不明の悪臭に悩まされたことがあり、食道の状態や胃の状態、さらに歯茎など口内の状態などを疑って相当ケアしたつもりだったが結局改善しなかった。今思えば、あの悪臭の原因は自身の鼻の中にあった膿のようである。

 何故、そんな状態を招いたかは今のところ推測でしかないが、やはり以前いた部屋の問題が大きいかもしれない。
 引越し間際には部屋の隅の壁の塗料が湿気で剥がれ落ちていて、地肌が見えていた。上の部屋の漏水なのか気温差による露滴なのか分からないがカビも恐らく発生していたことだろう。
 加えてシャワールームの換気扇も壊れてから大家がなかなか修理に来てもらえなかった。

 これらの要因によって室内の空気環境は相当悪化していたに違いない。寝ている時間に呼吸する空気の量は生活の中で相当の割合を占めるから、ここの空気が悪いということは致命的なのである。故に寝室の空気の状態というのは相当気を使わなければならなかった。

 また加えてこの半年は睡眠不足気味で抵抗力も落ちていたのは確かである。

 とりあえず、引越しをして生活環境を変えたので、恐らくこれ以上の悪化要因は取り除かれたであろう。でも一応念のためシックハウスに効果があると言われる竹炭も室内に設置した。でもこれだけでは悪化を防ぐだけで改善には繋がらない。

 とにかく、この鼻の中の万年雪を取り除いて、睡眠等々を改善しないと寿命にも影響する気がしたので、今回はきちんと直したい。場合によっては長期戦になる可能性もあるが、おいしいものをおいしく食べるためだと思えば苦にはならないであろう。

 とにかくこれからしばらく自分の体と向き合う日々が続く。

 
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com