Tag Archives: 無駄

買い溜めは無駄?消費税による実質の上げ幅は1.85%

 日本では10月1日から消費税が従来の8%から10%に引き上げられることが決まっている。
 誰にとっても物の値段の値上げは嬉しくない話ではあるが、買い溜めなどを検討するような慌て方をしている方は、もう少し冷静になったほうがいい。

 確かに税率としては2%上がるのだが、従来の8%からの実質の値上げ率は110÷108で、1.0185=101.85%となる。

 税込み1万円の品物であれば10185円になる状況。

 確かに値上げは値上げだが、この程度の価格変動要素は世の中に幾らでもあり、野菜や魚の季節変動や天候変動に比べたらそれほど気になるものではないという気がする。
 個人的にも上海では毎年のように3%も5%も物価が上がっている状況を体験してきているので、1.85%の上げ幅では驚かないのである。
 
 また、例えば1リットルのお酒の1.85%と言えば18.5mlとなり、大さじ1杯が15mlであることを考えると、大さじとちょっとの量である。

 その量のために、税の引き上げ前に買い溜めして取っておくことにどれだけ実質的な効果があるだろうかというところになる。
 ちょっとした料理の味付けのさじ加減や、コップに多めに注いてしまえば18.5mlなどあっという間に消費してしまう。

 それでなくても買い溜めして大量に保管してあるという意識があるとどうしても使い方が粗くなる。
 大量の在庫だと保存が悪くて腐らせてしまうこともあるだろう。
 そういう粗い使い方をしてしまえば、18.5ml分を意識して買い溜めすることは決してプラスにならない。

 むしろ税率が上がったあとに買って、「高いのだから」といって丁寧に大事に使うほうが、よほど増税分を回収できる使い方となり、無駄が無くなるという気がする。

 税率引き上げによる値上げの心理的負担は確かに小さくないが、数字の大きさを正確に受け止めないと必要以上に損をする可能性があるという気がするのである。

区政府がお持ち帰りを奨励

 近所の某レストランで食事をした時のことだが、テーブルの上に写真のような三角表示を見つけた。

持ち帰りを奨励する表示

持ち帰りを奨励する表示

 よく見ると、食べた後は「打包(お持ち帰り)」をして、(食材の)無駄を失くしましょうと書いてある。

過剰な注文はやめましょうと書いてある

過剰な注文はやめましょうと書いてある

 そして裏には「不剰飯、不過菜」「文明用贅 以倹養徳」とあり、つまり過剰なご飯や料理を頼むのは止めて、文明的な食べ方として倹約を以て徳としましょうといったような主旨の言葉が書いてある。

 全体的として、食べ残すのが礼儀とされているような食事の礼儀を改めて、残らない範囲で料理を注文し、余ったらお持ち帰りをして食材の無駄を失くしましょうという意図のようだ。

 中国では新政権に変わってからこういった贅沢を慎むような方針が奨励されており、そういった意味での区政府によるお持ち帰り奨励のこの表示となっているようだ。

 まあ中華料理に限らず、日本人同士の日本料理屋での宴会では、大量に料理が残ったまま帰るようなケースも少なくなく、自分もなるべく残さないように注文したり食べたりするが、如何せんダイエットもしなくてはならないので、個人としての努力には限界があるので、こういった推進は良いと思う。

 ただ気をつけなければいけないのは、中華料理は一般的に出来立てが一番状態が良い状態であり、保存を考慮して調理されていないので足が速い場合が多く、冷蔵庫に保管してもせいぜい翌日の朝までに処理するような形で食べないと危険だというのが私経験上の意見である。

 勿体ないという思いが強すぎて体を壊しては意味が無いので、是非気を付けたい。