Monthly Archives: 5月 2017

海外のスマホでは聴けない日本のラジコ

 私が何度も日本のラジオを好んで聞いていることは何度も書いているが、全ては自宅(場合によっては職場)のインターネットの固定回線を通してのPC(パソコン)での聴取だった。

 もちろんラジコは日本国内だけのサービスであり、海外にいるこちらとしてはVPNを通して聴いていた。

 ところが昨日は所用で外出してしまったため、放送時間に自宅へ戻ることが出来ない状況になってしまった。
 そこで、スマホで公衆回線を通してVPNに繋ぎ、ラジコに接続しようとチャレンジした。

写真はイメージ

 これまでスマホでの聴取については、通信量が嵩むという発想もあり一度も試してこなかったのだが、放送時間まで間に合わないのはちょっと嫌だったので通信量に目をつぶってためしてみることにしたのである。
もちろんタイムフリーを使ってあとで聴けば何の問題もないのだが、生放送はやはりリアルタイムで聴きたいのである。

で、YAHOOでラジコのサイトを検索して、ラジコのサイトに接続してみた

すると、PCで見ていた画面とは別の画面に繋がった。

その画面の説明によるとスマホの場合はアプリをダウンロードしないと聴けないとある。

「なんだなぁ、不便だなぁ」と思いつつ、数メガのアプリをその場でダウンロードしてインストールした。

そしていよいよ再接続を試すことにした。

ところがである。
アプリを起動しようとすると、なんとアプリが位置情報の取得の許可を求めて来た。

 「ガーン!、そういうことか・・・」

 こちらは海外にいるので当然のことながら、位置情報はGPSも接続回線情報も上海になってしまっているわけで、通信はVPN回線を通そうが位置情報は日本国外になってしまう。

 つまり、サービスエリア外と判定されてしまうことになる。
 
 実際に繋ぐ前にそのことに気づいてしまったのでたぶん繋がらないだろうと思ったものの、一応位置情報の提供をOKにして繋いでみた。

が、やはり案の定つながらなかった。

「やっぱり・・・」

恐らく推測するにラジコはラジオ放送の補完的役割という基本方針があるため、日本国内でも聴取者の滞在位置によってエリア分けをしている。
従って、スマホで地域移動をしてしまえばラジオの電波が届く範囲の放送しか聴けないという設定にしてあるのだろう。
故にスマホの位置情報を利用するのであり、故に海外からはVPNを通してもスマホの位置情報を利用されて、海外と判定されてしまう。

 結局この日はスマホからの接続を諦め、帰宅後にタイムフリーの利用で聴取と相成った。

 まあこのエリア制限は、恐らく何らかの回避策があるのではないかと思うが、今回は調べきれず今後の研究課題である。

LCCは往復で買わない方がいい

 中国の春秋航空や日本のピーチ航空、バニラ航空などですっかり知名度の上がったLCC(ローコストキャリア)だが、従来のフルサービスキャリアと様々な点が違うため利用の方法も、やはり同じような感覚で扱わない方がいい様な気がする。

 特に従来の大手キャリアと大きく違うのは料金設定と、荷物の扱いである。

 まあ悠々会社のお金で大手キャリアを使って移動できる方は読んでもらわずともいいのだが、少しでも安く帰りたい方は、LCCの特徴を是非掴んだほうがいいと思われる。

 まず料金について、大手キャリアはほとんどの航空会社で片道と往復料金が設定されていて、往復は片道の2倍より遙かに安い金額が設定されており、なるべく往復利用を促す料金設定がなされている。

 これに対してLCCの場合は往復料金の設定がほとんどなく、原則として片道1便ずつの設定となり、往復で同じ航空会社を利用してもメリットがない料金設定となる。

 よって、例えば行きと帰りでそれぞれ安い日を選んで買うような方法になることになり、もし複数のLCCが飛んでいるルートなら、無理に往復を同じ航空会社で買い揃える必然性はなくなることになる。

 そしてもう一つの大きな違いとして航空会社ごとの荷物条件の違いがある。

大手キャリア、例えばJALとANAのような日本の二大キャリアの場合は、ほとんど条件が同じであり、路線にもよるがエコノミーで23キロを2個までと、機内手荷物1個などの条件となっている。

 しかしLCCの場合は、この荷物条件が一律じゃないのである。

 つまり手荷物料金や委託荷物の扱いが航空会社ごとにバラバラであり、制限重量や手荷物条件などがそれぞれ異なっており、航空会社の選択によって運べる荷物や料金に大きな違いが出ることになるのである。

 特に海外旅行や、海外赴任者の一時帰国のような往復で荷物の量に極端な差が出るような場合、つまり旅先でお土産を大量に買い込んだり、一時帰国で日本食を大量に持ち帰るような場合は、こういった荷物条件の差を意識して往復の航空会社を別々にしたほうが得な場合が生まれてくる。

 一つの例を挙げると、私のように上海から東京などに一時帰国する場合、上海から日本へ行くスーツケースの中身は着替え程度しか持たないので、結構スカスカの場合が多い。
 逆に日本から上海に戻るときは、食料品などを大量に買い込むためスーツケースがいっぱいになり、結構重量制限ギリギリになる。

 よってこの差を考えてチケットを買うことを考える。

 まず上海から日本への便として春秋航空の利用を考える。

 春秋航空の場合、手荷物が5キロまで、このほか委託荷物が10キロまでという制限になるため、大きめのスーツケースでもスカスカなら追加料金なしで預けることが出来る。
 つまり基本のチケット料金だけで荷物を運べるのであり、格安のチケットの日を選ぶとかなり安く移動できる。

茨城空港の搭乗通路

 
 しかし、今度は日本から上海へ戻る便を利用する場合を考えてみると同じようにはならなくなる。
 荷物が増えて重くなるからである。

 春秋航空の場合は例えば20キロの荷物を追加すると5000円近くの料金が発生する。
 元の15キロ枠があるので、委託荷物には30キロまで預けられるのではあるが、ちょっと高い追加料金である。

 これに対して、例えば羽田-上海浦東間のピーチ航空は、委託荷物は全て有料だが、手荷物枠が10キロまで無料となっている。
 また委託荷物は20キロまでが1個あたり2800円となっているため、これは春秋航空に比べるとかなり安い。
 つまり合計30キロで2800円となる。

 よって、もしチケット料金が同じレベルであれば、日本から上海に戻る際の荷物が多ければピーチ航空が断然得ということになる。

 じゃあ、上海から日本に戻るときもピーチでいいじゃないかという方もいるかもしれないが、上述した通りピーチの委託荷物枠は全て有料なので、スカスカの5㎏程度のスーツケースでも同じ料金を払わないと預けられないのであり得策とは言えない。
 
 故に、上海発は春秋航空、日本発はピーチ航空などというように、往復のキャリアを荷物などの条件によって使い分けることによって、運賃に差が出てくるのがLCC利用の特徴なのである。

ついつい往復で同じ航空会社を利用したくなるのが人の心情だが、LCCの場合は往復で買うことが必ずしも得とならず、それぞれ片道ずつ分けて検討するべきなのである。

喫煙者のヤニ臭さに耐え切れずマスクした。

 3月1日から中国でも屋内禁煙条例が施行されて、交通機関ターミナルや飲食店はおろか、オフィス空間でも禁煙が実施されることになった。
 まあ中国のことなので、屋内に関してはそこで働く人間の全てが喫煙者であるような場合にはまだまだルール徹底がなされていないようだが、多くの人が働く一般的なオフィスでは禁煙が浸透してきたようである。

写真はイメージ

 ただ、屋内禁煙になったのは良いが、これらの喫煙者が建物の出入り口などに移動して吸うようになってしまったため、こちらが建物を出入りしたり、ビルの入り口の前を通るたびに煙に巻かれるような事態も発生している。
よくよく考えると大人しく室内で吸っててもらった方が、他者が巻き込まれる可能性もないわけで、そういった意味で果たしてこの条例の効果、つまり副流煙被害を防ぐという意味においてはいかがなものかなという気がしないでもない。
 まあ、この分煙に関してはいずれ時代が進むにつれ、社会的コンセンサスを経ていろいろ進歩するのであろう。

 ところで、喫煙者に対して分煙の徹底以外にももうひとつ申し上げたいことがある。

 それは、喫煙者はタバコを吸っていない時でも社会の迷惑になる可能性があるということである。
 つまり、喫煙者は息も臭くなるので、禁煙場所でタバコを吸わないでいればいいということではないということである。

 今朝のことであるが、地下鉄で通勤していた際に目の前に立っている男性の呼気のヤニ臭さが鼻につき、吐き気を催すほどに気持ち悪くなった。
 非常に混んでいた車内だったので、実質70~80㎝の距離だっただろうか?
 明らかにヘビースモーカーの息の匂いで、非常に強烈だったのである。

 普段から私の周囲にも喫煙者は大勢いるが、なるべく距離を置いて過ごしているので、あの匂いにあまり悩まされることはないが、地下鉄車内という逃げだすことが難しい環境ではどうすることもできなかった。
 仕方なく、カバンからマスクを取り出して匂いをブロックすることにしたのである。
 マスクをしても100%は防げなかったがかなり低減されたという気がする。

 今日は湿度が高く蒸し暑く、マスクをしてしまうと汗ばんでしまう気候ではあったが、匂いの辛さには代えられなかったのである。
 そうやって電車を降りるまでの30分ほどマスクをしたままで過ごした。
 電車を降りて、ようやく匂いから解放されたためマスクを外し、汗を拭いた。

 副流煙以外にも喫煙者はこんな迷惑を振りまいていることにぜひ気付いてほしい思ったこの出来事だったのである。

 ただまあ自分は喫煙者ではないが、ニンニクとか酒とかの匂いはばらまいている可能性はあり、人のふり見て我がふり直せというべき教訓だったのかもしれない。