Tag Archives: 副流煙

喫煙者のヤニ臭さに耐え切れずマスクした。

 3月1日から中国でも屋内禁煙条例が施行されて、交通機関ターミナルや飲食店はおろか、オフィス空間でも禁煙が実施されることになった。
 まあ中国のことなので、屋内に関してはそこで働く人間の全てが喫煙者であるような場合にはまだまだルール徹底がなされていないようだが、多くの人が働く一般的なオフィスでは禁煙が浸透してきたようである。

写真はイメージ

 ただ、屋内禁煙になったのは良いが、これらの喫煙者が建物の出入り口などに移動して吸うようになってしまったため、こちらが建物を出入りしたり、ビルの入り口の前を通るたびに煙に巻かれるような事態も発生している。
よくよく考えると大人しく室内で吸っててもらった方が、他者が巻き込まれる可能性もないわけで、そういった意味で果たしてこの条例の効果、つまり副流煙被害を防ぐという意味においてはいかがなものかなという気がしないでもない。
 まあ、この分煙に関してはいずれ時代が進むにつれ、社会的コンセンサスを経ていろいろ進歩するのであろう。

 ところで、喫煙者に対して分煙の徹底以外にももうひとつ申し上げたいことがある。

 それは、喫煙者はタバコを吸っていない時でも社会の迷惑になる可能性があるということである。
 つまり、喫煙者は息も臭くなるので、禁煙場所でタバコを吸わないでいればいいということではないということである。

 今朝のことであるが、地下鉄で通勤していた際に目の前に立っている男性の呼気のヤニ臭さが鼻につき、吐き気を催すほどに気持ち悪くなった。
 非常に混んでいた車内だったので、実質70~80㎝の距離だっただろうか?
 明らかにヘビースモーカーの息の匂いで、非常に強烈だったのである。

 普段から私の周囲にも喫煙者は大勢いるが、なるべく距離を置いて過ごしているので、あの匂いにあまり悩まされることはないが、地下鉄車内という逃げだすことが難しい環境ではどうすることもできなかった。
 仕方なく、カバンからマスクを取り出して匂いをブロックすることにしたのである。
 マスクをしても100%は防げなかったがかなり低減されたという気がする。

 今日は湿度が高く蒸し暑く、マスクをしてしまうと汗ばんでしまう気候ではあったが、匂いの辛さには代えられなかったのである。
 そうやって電車を降りるまでの30分ほどマスクをしたままで過ごした。
 電車を降りて、ようやく匂いから解放されたためマスクを外し、汗を拭いた。

 副流煙以外にも喫煙者はこんな迷惑を振りまいていることにぜひ気付いてほしい思ったこの出来事だったのである。

 ただまあ自分は喫煙者ではないが、ニンニクとか酒とかの匂いはばらまいている可能性はあり、人のふり見て我がふり直せというべき教訓だったのかもしれない。

知り合いがタバコをやめた理由

 私はもともと喫煙者ではないので禁煙の苦しみを味わったことはないが、先日ある方から禁煙を始めたきっかけを聞かされた。
 それはあるテレビのドキュメンタリー番組を見たのがきっかけだという。
その内容とはヘビースモーカーのご主人が肺がんで亡くなったすぐ後に、タバコを吸わなかった奥さんがやはり肺がんでなくなったという内容だったらしい。いわゆる受動的喫煙と呼ばれる副流煙問題である。喫煙をしている本人が早死にするのは、本人もある程度納得ずくだったのだが、タバコを吸わない奥さんまでも道連れにしてしまう可能性があることに強烈に衝撃を受けたようだ。彼は自分のわがままで相手の寿命を縮めてしまうことを申し訳ないと感じ、それ以降タバコをやめたそうだ。

 そもそも私の偏見として喫煙習慣者というのは、喫煙のきっかけから比較的自制の意志が弱い方だという風に私は見ている。もちろん軽蔑の意味ではなく、人間それぞれが持っている短所長所の一要素として捉えているだけなので喫煙者を差別しているということではない。しかし少なくともタバコを辞められない時点で自らの健康への意志が強いとは言えないであろう。

 喫煙者に限らず、もともと人間は一人では弱い存在なので、自分のためだけでは強い意志を持てず、状況に流されやすく、なかなか自分を自制しきれないようである。
 しかし今回の彼のように、家族やパートナーの存在があると人間は強くなれるようだ。家族を犠牲にしてまでタバコは吸い続けるものではないと感じれば禁煙はたやすいように思える。

 喫煙大国と呼ばれている中国ではあるが、喫煙の害がきちんと伝わっているようには思えず、ましてや吸わない周囲の家族までが喫煙者のお陰で寿命を縮めているような状況を彼らは知る由もないと思う。。

 もし彼らがこのことを知ったら彼らはどう行動するのであろうか?これは単に公共の場所の喫煙マナーとかいう表面的なものでなく、家族の健康をどう考えるかという根本的な問題である。ましてやタバコを勧めることが友好の証のような文化を持ったこの国である。

 家族のために文化・習慣を変えられるか?

 家族や友人をとても大事にする中国人だけに非常に興味深い。