タオバオが生むゴミの問題

 ここ最近、タオバオやアマゾンでネット通販をする機会が増えたが、その際に気になるのが、商品の梱包材の問題である。

 壊れないようにとの配慮なのだろうが、例えばDVD1枚を買うのにマーガリンの箱のような大きさの中に緩衝剤が沢山詰め込まれ、更に袋で何重にも梱包され送られてくる、

 まあアマゾンなどは、比較的最小限の梱包で送ってくるが、自社便ではなくバイク便などで送られるタオバオの商品などは、輸送途中での毀損を避けるために、かなり頑丈に梱包され送られるのでゴミの量も多くなる。

 これらは商品を開封する時になかなか綺麗に開けることが出来ずに、結局破いたりしてしまうので、再利用はほとんど難しい状態になり、最後は捨てざるを得ない状況になる。

 そんな梱包材のゴミが最近毎回結構多く出る。

 地球の資源や環境を考えたら非常にもったいない話で、もっとリサイクル利用するシステムの設置が出来ないのかと感じる。

 例えば、梱包材を一回切りの使い捨てにせず、どこかのルートを使って回収し再利用する形はとれないものかという気がする。

 もちろん、購入する人の気持ちもあるだろうから、耐久性のリサイクル梱包材と通常の梱包材を選択できるようにして、リサイクル梱包はコンビニなどを通じて回収してもらい、改修に協力してくれた人にはポイント還元するなどしてリサイクルへ誘導政策を取る。

 このような政策を取れば、この通販のゴミは少しでも減らせるよう気がしている。

 そうでなくとも、中国では実体店舗が淘汰されネット通販化が進んでくる現状の中で、輸送のための梱包材需要がどんどん増えているはずで、それに比例して梱包材のゴミも増えているだろうに思う。

 こういった社会システムの変換の趨勢の中であるからこそ、考えてもらいたいこのタオバオなどの通販のゴミの問題である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com