Google中国撤退決定

 ああ、やっぱりかというニュースだがインターネットの自由度の論理は中国という国家にはまだ受け入れがたいものだったということで、非常に残念である。
、これがこれから我々中国の日本人のネットライフにどのような影響を与えるかは未知数だが、少なくともGoogleによる簡体字ページの検索は非常に弱くなる。

 といっても、いままでも中国のコンテンツはGoogleへの登録を意図的に拒否していたものが多いとの事から元々検索総数は多くなかったので影響は限定的であるかもしれない。世の中にいくつかの検索エンジンがあるが、Googleほど検索結果と探したいものの検索結果順位がしっくりくるエンジンは他に無く、簡体字市場でも更なる展開を希望していたのだが今回このような事態になってしまった。

 オリンピックを開催し、万博を開催する段になっても、国民が通信の自由を享受できない前近代国家であるというのは非常に残念な限りである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com