上海は値上げの春

 上海でも春節連休から明け、まだ徐々にではあるものの街に人が戻りつつある。
 以前は春節に田舎に帰ったきりで3週間も4週間も戻ってこないケースがあったが、現在の上海では10日~2週間程度の帰郷が平均実態なのではないかというのが体感的感想である。

 ところで、春節明けのこの時期は、中国的に言うところの歳が新しく変わったことになるので、あれこれ切り替えが行われることが多く、物の値段も上がることが多い。
 今朝、コンビニエンスストアで日本の伊藤園の麦茶500mlを買ったところ、従来の4.5元から5.0元に0.5元(約8.5円)値上げとなっていた。
 もちろん何の予告も告知もない値上げで、こそっと上がっていたのである。

伊藤園の麦茶(中国)

 何故それに気が付いたのかというと、私の朝食は毎朝大体同じ組み合わせで購入しており、毎朝支払う代金が同じだったのであるが、今日0.5元高かったので気が付いた。
 おやっと思い陳列棚を眺めたところ、値段が変わっていたのである。

 先日日本の某食品メーカーが、飲料商品の値上げを発表しそれがニュースにもなっていたが、日本の場合は10円20円値上げされるのにもニュースになる。
 ところが中国では、そんな大々的な告知など行われず、こそっと値段表や値札の書き換えが行われるのである。
 もちろん、そのメーカー企業などでは、マスコミかどこかに向かって一応発表しているのかも知れないが、販売の現場では一切お客さんへの告知はなく値上げが実行されている。

 その場で表示されている価格が全てで、取引価格に過去も未来も関係ないのである。

取り敢えず現時点で確認をした値上げに気が付いた商品はこの麦茶だけだが、これから3月に向かって、アレもコレも少しずつ値上げされていくのではないかという不安に怯えながら毎年過ごすこの春節直後の時期である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA