なんと、選挙権が消滅した。

 なんと今回の衆議院選挙、なんと私の選挙権が消滅してしまった。

 実は一昨年の春に上海市内で転居していたのだが、私は転居届を出すのを怠っていた。
 そしてそのまま今年になり、夏以降に日本の政局では解散論がくすぶっていたものの、年内は解散しないだろうとタカをくくって転居届を出さずにいた。

 しかし先月14日の野田さんの解散発言を受け、私も他の野党党首同様に泡を食ったのである。

 「わー転居届出してない、どうしよう」

 慌てて解散が決まる当日16日に領事館別館に行って転居届を提出した。
 しかもその時在外選挙人証を提出してしまった。

 今思えばこれが失敗だった。

 その後、待てど暮らせど、在外選挙人証は届かない。

 痺れを切らして先週の金曜日に地元の選挙管理委員会に電話をしてみた。
 するとまだ該当の書類は届いていないという。
ただ、選挙人名簿には名前があるから、選挙権は有り領事館に問い合わせてくださいとのことだった。

 そして土曜日に領事館に電話をするも、投票はやっているはずなのに、週末とあって電話が繋がらず問い合わせができなかった。

 そして在外投票の受付最終日となった今日に電話をして連絡すると、転居届を受け付けた翌日には日本の外務省に発送しているとのこと。

 つまり私の在外選挙人証は3週間近くも外務暑内部のどこかで滞留している状態のようだった。

 そして、領事館の担当者にいろいろ確認してもらったところやはり在外選挙人証が無ければ投票はできないということであった。
 実は領事館では同様の問い合せがやはりあり、その場合は間に合わないと困るから選挙が終わってから提出してくれとの伝えていたとのこと。
 でも、私が領事館で提出した時はそのようなことは何も言ってもらえなかった。。。
 出さなきゃよかったなんて、なんて不合理な。。。

 これで私の今回の選挙の投票権はどうやら消滅してしまったようだ。

「・・・ようだ。」というのは、実は在外選挙人証さえあれば選挙資格には問題がなく、まだ日付に余裕があるので日本へ緊急帰国しての投票や郵送投票などの手段もゼロではない。

 ただ今のところ帰国予定もないため、選挙のために航空運賃もかけられないし郵送にしても、その肝心な選挙人証がなければどうにもならない。 

 うーん、確かに領事館のホームページには選挙人登録まで3~4ケ月かかると書いてあるが、そうはいっても外務省に何週間も書類が滞留するのは時間がかかりすぎる気がする。

 官僚機構側にも色んな事情はあると思うが、候補者は選挙が決まってから立候補を決めても間に合うのに、有権者側は選挙条件は満たしているのに選挙が決まってからでは時間が足りず間に合わないというのはどうも納得がいかない面がある。

 日本の行政官僚の皆様にはもっとスピーディな事務処理をお願いしたいものである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com