日本とデンマーク

 先日のサッカーのワールドカップの組み合わせ抽選会で、日本はカメルーン、オランダ、デンマークと同組になった。

 まあ単なるサッカーの試合の組み合わせであるが、対戦を引き当ててみると実は何かと因縁がある。

 特にデンマークは今までほとんど大きな接点が無いように思えたが、日本という国家にとって実は今後を左右するもっとも旬な因縁の国であることに気がついた。

 それは今二酸化炭素排出削減に関する国際会議「COP15」が行われているコペンハーゲンはデンマークの首都であるということである。

 ご存知の通り、9月の国連会議の中で日本の鳩山総理は排出量25%削減を掲げたが、現在行われているCOP15の議論の行方次第によっては日本が窮地に追い込まれる可能性があるといわれている。

 鳩山総理の掲げた25%という数字は当然、中国やアメリカなど大排出国の参加があって初めて意味を成すものであるが、この両国からそれなりの削減目標は出てきてはいるが、効果を期待するには程遠い数字のものばかりと言われている。

 この2大国が本腰を入れなければ、日本だけ25%の足かせをはめてしまうと産業競争力の面で圧倒的に不利であるのは明らかで、一斉に実施するから日本が25%を掲げる意味があるのである。

 まあ、この2大国や他の発展途上国が努力をしなければ、日本も努力をしなければ良いのではないかと思う気もするが、実はそうも行かない流れになるかもしれないとの報道が伝わってきている。

 実は発展途上国は削減目標をほとんどチェックされないのに日本や欧米諸国は目標を達成できなければペナルティを課されてしまうという圧倒的な不利な条約の発行の可能性があるという。

 しかも京都会議の流れもあってこの段階での迂闊な離脱もほぼ不可能に近い。そんな足かせをはめられてしまえば国際産業競争の中で日本はますます不利になり没落してしまう。会議の合意文章は来年前半にまで持ち越されると言われているが、状況はかなり険しいとも言われており、日本の未来と合わせて先行き不透明である。

 そんな重要な日本の未来を決める会議が行われている国と、ワールドカップサッカーでの対戦が会議と同じ月に決まったのは偶然にしてはちょっと気持ち悪い。
 サッカーの予選突破もデンマークに勝てなければほぼ難しいといわれ、キーポイントの対戦であることには間違いない。

 そんなデンマークとの因縁を抱えつつ、日本は2010年を間もなく迎える。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com