自分の死因

 40歳を超えてくると、だんだん体のあちこちが若い時のままというわけにいかなくなってくるのだが、その中で自分自身が今一番気にしているのが腸の衰えである。

 もちろん他の箇所も100%であるということも無いのだが、特に今のところは不調も感じず、不便を感じていないのだが、やはり今一番何となく弱っているかなと感じるのが腸である。

 仕事の時もちょっとストレスがかかったりすると、腸に違和感があり、それが体全体のコンディションに微妙に影響を落としてくることが多くなった。

am900_pl085

 故に、もし将来このまま自分が事故などに遭わず無事に歳を取り、最期を迎える時が来たとき、その死因として一番可能性が高いのは腸に関する病気だという気がしている。

 まあ若い時から、食事に対しては結構無茶食いするほうであったから、腸に負担がかかってきたのは否定できないところで、胃に関してはそれほど不調を感じずとも腸に不調を感じる時は少なくない。

 かつてのテレビドラマ「チャングムの誓い」でも王様は腸が弱く、最期は腸閉塞で亡くなったような流れがあり、あれを見ると自分もそうなる時が来るのかなぁという思いでドラマを見ていた。

 もちろん、こういった腸の弱さを感じ始めたのは最近に始まったことではないので、日頃からヤクルトやヨーグルトを積極的に摂取し、身体を動かそうとしているが、やはり今一番の弱点は腸である気がする。

 まあ今現在は死に怯えるような恐怖を感じている訳ではないが、なるべく死が遠い将来になるよう、今後はもっと腸に気をつけなければならないと思っている今日この頃である。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com