520は網絡情人節=ネットワークバレンタインズデー?

 ここ数日微信の中で、知り合いの中国人女性たちが何か騒がしくなっていたので、彼女らの発信をよく読んでみると、5月20日は「網絡情人節」つまりネットワークバレンタインズデーという日のようだ。

 そんな日は今まで聞いたことが無かったので、インターネットでちょっと調べてみた。

 百度百科によれば、この記念日は5月20日と21日の連続した2日間が設定されていて、5月20日が男性の為の日、21日が女性の日だとのこと。

 で、5月20日にメールや微博、微信などネット上のコミュニケーションツールを使って520(我愛你:愛している)と恋人や奥さんに向かって発信し、5月21日に521(我愿意:望みます)と返信するのがパターンとされている。

 これらは歌手の呉玉龍さんの歌う「網絡情人(ネットの恋人)」という歌の中の数字を使った言葉遊びの中から520、521という数字が使われていたところから端を発したようで、特に「我愛你一生一世」を示す5201314と言う数字から、5月20日の13時14分に告白を待っているとネット上に書き込んでいた女性も沢山いるとのこと。

 確かに私の知り合いの中にもそういった書き込みをしている人を何人か見かけ、最初は意味が分からず、みんなこの日が誕生日だったのかと勘違いしていたが、この解説を読んで納得した。

 さらに百度百科の解説によると同じ情人節である2月14日との違いは、2月14日はある程度決まった相手に対しての愛の確認の日であるのに対して、5月20日は曖昧な関係をはっきりさせたいが、恥ずかしいために数字を使って気持ちを表す告白のためのような意味の日だとされていた。

画像はイメージ

画像はイメージ

 まあいずれにしてもこの日1日は中国の若い男女、いや既婚者も含め老若男女の愛を確認する人たちで大忙しの1日になるようで、当然この日に結婚の手続きや見合いをする男女も多いらしいとのこと。

 こうなってしまうと聖バレンタインズデーの最初の意味であるバレンタイン司教が処刑された日と言う意味はどこかに飛んでしまい、「愛」だけが独り歩きしている印象だが、とにかく5月20日は中国人たちにとって新しい愛の日になっているらしい。

 このように昨日初めて知ったこの情報だが、中国人たちの騒ぎをヨソにこちらはどうもこの記念日?にピンと来ないため、今のところは蚊帳の外に置かれているといった印象である。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com