中国人もストレスで痛飲が増えている??

 ちょっと汚い話であるが、最近街中を歩いていて気になるのは通りに嘔吐物の跡を見つける機会が増えたことである。

 嘔吐物、つまりお酒を飲みすぎたあとのアレであるが、この数ヶ月どうも見かける機会が増えている。
 もちろん季節的に風邪が原因とも考えられなくは無いが去年や一昨年はそれほど見かけなかったように思うので、風邪ではないように思える。

 この嘔吐物の主がどこの国の人か分からないが、少なくとも上海に来ている日本人やその他の外国人はそれほど無茶な飲み方はしないような気がするし、いたとしても人数比的に圧倒的に少ないのでやはり主として考えられるのは中国人達に他ならない。

 そういえば先日、夜中に伊加伊(1+1)という24Hレストランで食事をしていたら、二つほど離れたテーブルで伏して寝ていた女の子が、突然吐いた。

 テーブル上を見ると空のビール瓶が3~4本並んでいた。彼女たち二人で飲むにはいささか多い。何が原因か分からないが飲みすぎて酔いつぶれていたようだ。

 こちらは酸辣湯など食べていた時なので、急に飯がまずくなり全く迷惑であったのだが、まあそれはさて置いても、以前は中国人がこのように酒で酔いつぶれている姿は街中ではあまり見かけなかった気がする。

 彼女らといい、街の嘔吐物といい、以前はそんなになるまでお酒を無茶飲みする人はいなかったというのが印象だが最近はどうも変わってきているようだ。
 社会の都市化が進み、日本同様にストレスが蔓延する社会になっているということであろうか?あるいは昨年の金融危機以降、思ったより世界の荒波が彼ら、彼女らを襲っているということであろうか?
 もともとお気楽ではあるが純粋な国民性だけに、ひとたび波に襲われたら一たまりもないのかもしれない。とにかく彼らが酒の痛飲で体を壊さないことを祈るばかりだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com