サーチャージの壁

六月に後輩の結婚式があるので一時帰国を計画しているが、航空券がどうにも高くていけない。いや航空券の料金だけ言えば、例年とそれほど変わらないのだが、その追加でのっかてくるサーチャージと税金が滅茶苦茶高くなった。

昨日聞いた料金だと今現在で航空券以外に1300元(=約2万円)かかってくるらしい。
航空券とあわせると6万円を超える。「格安」航空券が台無しである。

これでは結婚式にかけつけることが出来ても祝儀を出すことが出来なくなってしまう。
何とか仕事に絡ませて会社で負担してもらいつつ帰国する方策はないかと頭をひねっているが
それにしてもこのサーチャージは何故航空券料金に含めようとしないのだろう? 

11431_2

そういえば、数年前日本にいたとき懸賞で香港旅行が当たったときがあったのだが、すべて無料のつもりで喜んでいたら、サーチャージとして一人9000円徴収された。
「なんじゃそれ」と驚いたが、結局香港の魅力に負けて、お金を払って参加した記憶がある。 
航空券料金に含まれていればこの差額は払う必要がなかったように思える。

とにもかくにも海外で生活する我々にとっては、このサーチャージの壁は生活の自由をさえぎる高い壁にほかならない。

この壁は早く崩壊して欲しい。。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com