無錫日帰り観光 B級スポットあれこれ

今回も別の中国人の友達の野暮用につきあい、ついでの観光として無錫を訪れた。
 まあ通訳付観光と思って喜んで行ったのにもかかわらず、相手のほうが方向音痴で結局自分が引っ張る形の観光となってしまった。
無錫の観光といえば太湖が有名なのだが、今回は時間とお金がないので無錫の中心部をうろうろの観光になったのだがそれでもなかなか楽しめた。

崇安寺歩行街区

崇安寺歩行街区

①無錫の繁華街 崇安寺歩行街区
 恐らくここが無錫一の繁華街、無錫の駅からも歩いて15分くらいでいける。地下街もあったりして、なかなか狭い通りに小吃や麺のローカルな小さい店が密集していて、そうかとおもえばマクドナルドやケンタッキー、そして無錫の小篭包で有名な王興記などもあり、無錫の食を凝縮したような空間である
写真の場所はここ

無錫の屋台

無錫の屋台

②二泉映月のレリーフと二胡を弾く人の像
友達によると中国でとっても有名な歌らしく、知らなかった自分が恥ずかしいのだが、その楽譜を彫ったレリーフと、二胡を弾く像はとっても気に入りました。

二泉映月のレリーフ

二泉映月のレリーフ

10153_2

③西蠡湖
 太湖に付随する小さな湖。水面は繋がっているが、景色的には完全に遮られている。太湖が大観光スポットに対してこちらはどちらかというと市民の憩いの場という雰囲気だ。
 それでも上海にはないような風光明媚さで我々B級旅行社には十分な観光スポットであり十分心が和む風景だった。市内からタクシーで25元、15分ほど。

西蠡湖

西蠡湖

④新世界国際紡績服飾城
 時間があったため、仰々しい名前に釣られバスの終点となっているここを興味本位で訪れてみた。行ってみると名前に違わず市内から遠く離れた畑の中に忽然と存在する巨大な服飾専門のショッピングモールであった。
但し行った時期が春節であるからなのか、まだ全体が整備されていないのか、一店舗も開店していなくまるでゴーストタウンのようだった。機会があれば開店しているときにもう一度来て見たいと思ったが、無錫辺りの人口規模でこれだけ巨大な服飾だけの巨大ショッピングモールが機能するのか、採算がとれるのか甚だ疑問である。とにかく中国人はやることが一々でかい。場所はバスターミナル東駅のそば。駅からバスも28番など何系統か出ているようだ。バスだと30分くらいかかる。

新世界国際紡績服飾城

新世界国際紡績服飾城

⑤南禅寺と無錫の小龍包
 ここをB級スポットと呼んでしまうには申し訳ないほど普通の観光地になっているお寺である。周囲には小さなお店がたくさんあり買い物が楽しめる
 行った日には写真のような子供用の面白い遊戯施設が置かれ、楽しめる空間となっていた。ここの門の脇にあった店の小龍包は格別で、これぞ無錫の小龍包なんだなと味を堪能させていただきました。

無錫の小龍包

無錫の小龍包



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com