骨折の悔しさ

 日ハムの主砲の中田選手がデッドボールによって骨折し、ほぼ今シーズンの残りゲームは出場が絶望になった。

 ホームラン王のタイトルやチームの浮上もかかっていたこの時期だけに、本人は非常に悔しい思いをしてるということがネットの記事に乗っていた。

 チームや本人を応援している身としても、今シーズンの明日からの希望が極端にしぼんだようで何とも悔しいやりきれないニュースだった。

 一方で今朝、ヤンキースのイチロー選手がが日米通算で4000本安打を達成したというニュースも届いた。

 イチローの凄さはその打撃センスの凄さもさることながら、22年間大きな故障しなかったその丈夫さが彼の最大の凄いところである。

 彼より打撃の上手く打率が高い人は幾らでもいるだろうが、22年間大きな故障もなく、コンスタントに野球をやり続けられた人は、恐らく彼より通算ヒット数の多いピートローズ選手とタイカップ選手だけであり、イチローも今後故障しない限りその域に近づくことは可能だという気がする。

 つまり、故障やケガをせず出場し続けることが超一流の一つの証しだということになる。

 そういう意味では中田選手が骨折を負ってしまったことは、不可抗力のデッドボールとは言え、彼がまだまだ一流になりきれない要素なのかなとイチロー選手と比較の中で考えたりもした。

 しかし、先ほど見たイチロー選手の記事に出ていた言葉に、
「4000安打を打つには、8000回以上の悔しい思いをしてきた。それと常に向き合ってきた」
 との言葉を見つけた。
 つまり打率3割で打っても4000本打つには「8000回以上の悔しい思い」があり、それが無ければ4000回の喜びは生まれないという意味である。

 中田選手も今回悔しい思いをしたと思うが、イチローの言葉を受ければその悔しさが喜びを生むための試練だと考えるしかなかろうと思う。

 私自身の人生もまた常に悔しい思いをしてきた気がするが、イチローのような8000回の悔しさにはまだまだ及んでいないという気がしており、喜びのためにもっともっと悔しい思いを乗り越える勇気を持たなければ、喜びもまた得られないなと改めて悟ったこの2つのニュースである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com