Tag Archives: MD

秋葉原を模倣しようとする愚かさ

 中山公園付近を上海の秋葉原として家電の町にしようとする構想があるらしいが、明らかに愚かな模倣の計画である。

 この計画を立てた人は秋葉原の何を見て模倣しようとしているのだろうか?
 秋葉原の何を知っているというのであろうか?
  もしや単に家電の店の集まったエリアを作ろうとしているのではなかろうか?

 このニュースを聞いて模倣好きな中国人のいつものビッグなアドバルーン計画だなとの印象がぬぐえなかった。

 家電売り場を集中させることに集中のメリットの意味はあるかも知れないが、今の中山公園の家電売り場はどこも同じような商品が並ぶだけでどこへ行っても適当な売れ筋商品が並ぶだけのお店である。
 数店舗が集中することによって価格競争のメリットはあるかもしれないが、それだけで街全体が秋葉原のような特徴を持つかといえばそんなことはありえない。

 秋葉原の電気街として持つ魅力の凄さは家電の安さというよりその専門性の深さである。
 戦後の闇市から始まったこの街には、一般の人が目にすることもないような電気部品のパーツから、スパイ用の盗聴用品のようなものまで、およそ見つからないものはないであろうというくらい色んな商品が街には眠っている。

 日本にいるときDAT(デジタルテープレコーダー)を持っていた私は、本体の生産が中止になってからもメディア(テープ)を扱い続ける秋葉原のお店に時々買いに行ったものである。
 またMD4と呼ばれる、MTR(マルチトラックレコーダー)のMD(ミニディスク)版の機種を持っていたため、そのメディアを探しに秋葉原に通った。

 近所の大型家電センターでも取り寄せることは可能だったかもしれないが、秋葉原なら現物があるという安心感があった。PC全盛になった現在でも細かいパーツの隅々まで探し当てられるという安心感が秋葉原にある。

 ところが今の上海の電気街はどうであろう?
 部品の店も探せばなくはないが、基本的には日本の大型家電店のように大手メーカーの流通品ばかりが並ぶ。
 こういった店を何店も建てたところで、街の魅力が奥深くなっていくわけではない。

 魅力がなければ家電目的のお客も集められず、金太郎飴のような品揃えでは単に価格競争で共倒れするだけである。
 そういった本当の意味での秋葉原の分析ができていないのではないかと推測するのが今回の秋葉原化計画のように思える。

 秋葉原は簡単に真似できるほど浅くない。

CD・MD文化のない中国

 上海の電気屋でオーディオコーナーの商品構成は、日本のそれとはちょいと違う。

 何が大きく違うというと、CDプレーヤやMDプレーヤを搭載した機種が皆無に近いということだ。全くないというわけではないが、日本ではコ○マ電気やヤ○ダ電気に行けばずらっと並べられているであろうこれらの商品がほとんどない。

 CDラジカセとポータブルCDプレーヤが1台ずつあればいいほうで、置いていない店も少なくない。
 MDプレーヤにいたっては上海に来てから電気屋で売られているところを見た記憶もない。

 MDの生ディスクいえ然りだ。

 その代わりDVDプレーヤの商品数は多い。確かにDVDプレーヤがあれば、CDも再生できる場合がほとんどなので合理的といえば合理的なのだが、やはりオーディオ好きから言わせるとDVDとの混在再生は邪道で、音楽だけを素直に聞きたいというのが本音である。

 実は上海に来た頃、電気屋を回ってもCDの専用プレーヤを見つけられず、自分の認識が時代に置いていかれているのではないかと焦った記憶がある。既にCDなんか持っている人間は時代遅れなんじゃないかと。。。

 この焦りが誤解だと分かるまでに実は半年以上掛かった。日本に一時帰国したとき、恐る恐るアキバのヨ○バシカメラを覗きに行ったのである。
 なんてことはない、私の渡航前と同じ風景がそこにはあり、いまだにCDラジカセやCDMDコンポは主力商品の一つとして売られていた。

 つまり決してCDやMDの文化が廃れたのではなかった。ここでようやく謎が解けた。実は現在の中国の音楽文化が特殊であり、歴史的に大衆音楽ツールとしてCDやMDの音楽文化が育っていなかったのである。
 彼らはCDやMDなどの時代を経ず、いきなりMP3などのデジタルオーディオプレーヤをツールとして大衆音楽文化がスターとしたのである。
そのためCDやMDなどの過去のライブラリーがほとんど存在せず、今の時代に新たにそのプレーヤを販売する必然性がないのが中国の音楽文化事情なのである。

 確かに歴史を振り返ってみれば CDプレーヤの第一号機が発売されたのが1982年で、その後CDは売り上げを急速に伸ばし、1986年にLPの売り上げを抜き世界の音楽文化の主役に躍り出るが、その頃の中国はまだ改革開放が始まったばかりで、とても大衆にCDプレーヤーのような高価な買い物が出来るわけもない時代である。

 その後SONYが1992年にMDプレーヤを発売するが、この時点でもまだ中国は一時滞っていた改革開放を再開させた程度の時代で、例えば上海の浦東の開発は1990年に始まったばかりである。

とてもMDプレーヤーが普及するような時代ではない。そしてようやく2001年に中国がWTOに加盟した頃になって初めて中国でも大衆音楽文化が普及し始めたと思われる。HDDやフラッシュメモリを利用したデジタルオーディオプレーヤは1998年頃から発売が始まっており、この手の商品の象徴とされるi-podは中国のWTO加盟と同じ年2001年の発売開始である。

 彼らが音楽を聴き始めたとき、もう音楽はレコード屋行ってディスクを買う時代ではなくなっていた。インターネットで好き勝手に音楽をダウンロードしてプレーヤーに保存して、それを持ち歩いて音楽を聞く時代になっていた。

 SONYがウォークマンという超小型のカセットプレーヤを発売したときに革命的な音楽スタイルとされたが、中国人の彼らにとってはそれがスタートであり、当たり前のスタイルである。逆に家でステレオの前でじっくり音楽を聴くという習慣は粗悪な住宅事情とあいまってほとんど少数だといってよい。

 そんな感じなので音楽は彼らにとって一過性のものでしかなく、ライブラリをストックする楽しみというものが存在しないように思える。つまりデジタルオーディオは確かに便利なのだが、音楽一つ一つの存在が軽すぎるように思えるのである。

 CDやMDなどの実体物があるということはそれだけ物理的にも生活の中に空間を占めるわけで、保存するという行為がそれ自体生活の中に意味を持つのだが、保存してもしなくてもしても余り生活に影響しないということであれば、音楽を大事にするという意識が育たないのではないかと危惧してしまう。

 私が音楽好きであるが故の考えすぎであるかもしれないが中国に来てそんなことを感じている。