7割が国際結婚になっていた

 昨日参加した某会合の中で話題になったことの一つが、結婚の話。

 実は新婚夫婦がいたのでそういう話題になったのだが、参加メンバーの既婚者のうち、なんと7割が国際結婚であった。

 20人ちょっと参加していたメンバーのうち、夫婦で参加していた人もいるので組数単位で数えると、7組が国際結婚で同国者と結婚したケースが3組で実に7割が国際結婚となっていた。

 さらにちょっと驚くのはその組み合わせは必ずしも日本人と中国人という一般的な組合せばかりではなく、日本人と欧州人のケースもあったり、帰化した日本人と中国人と言う特殊なケースもあった。

 これも法律上は国際結婚といえば国際結婚であり、何ともその中身は多種多様である。

 そして今回は参加していなかったメンバーも東南アジアの男性に嫁いでいたのを思い出し、とにかくこのグループは国際結婚のオンパレードである。

 まあ、集まった人のほとんどが日本から中国に来て住んでいるメンバーゆえに国際結婚の比率が高まるのは当然とも言えるが、とても国際結婚をイメージするような会ではないのにこのように高い割合となっている。

 私も現在の環境のまま結婚するということになれば、国際結婚となる可能性が非常に高く、このメンバーの国際結婚率を高める可能性があるが、まあ相手がどこの国の人であれ、まずは結婚にたどり着けるようにすることが大事であるので、ぜひ祝福される時が来るよう努力したい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com