麻生総理は逮捕されないのか?

知らぬ間に日本のニュースから聞こえてきた定額給付金。
何じゃらほいと調べてみると、景気対策として現金を国民一人あたり1万2千円を支給する政策だという。

 なんと愚かな政策であろうか?愚かどころかこれは明らかに少なくとも一年以内に必ず行われる選挙を意識した選挙買収にほかならない。
だとすれば明らかに公職選挙法違反になると思われる。

 すると近々の新聞に「麻生総理を公職選挙法違反で逮捕。有権者に現金を渡し買収した公職選挙法違反の疑い。この政策に同意した閣僚も全て、同じ容疑で取調べへ。」 なんてニュースが出てくるかも知れない。国会を通してないのだから少なくとも正当なお金とはいえまい。

国家の公金、しかも借金だらけなのに、さらにお金借りて勝手にばら撒くなんて国民に対する職務背任以外の何者でもない。

 もしかするとお金をばら撒きますといっておいて、国会を解散して、選挙に勝ったら、「やっぱりお金ばら撒くのやめました、選挙違反になりそうだから」などと言い出すかも知れない。
そうしたら今度は詐欺罪の適用か?どっちにしろ逮捕されるであろう。

 こんな愚策しか発表できない総理を誰が選んだのか?逮捕されたくなかったら麻生総理はさっさと国会を解散するべきである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com