上海駐在3年で肺が真っ黒証言の衝撃

 今年の3月に帰任していったある駐在員の方が、最近日本で健康診断を受けて、肺のレントゲンを撮ったところ、3年前に比べかなり黒ずんでいたとのだという発言に結構衝撃を受けた。

 どこまで本当なのか冗談なのかわからないが、上海の大気汚染状態を冷かしての、ややオーバーな表現だったとしても、それなりに影響が出ているのは本当のようである。
 3年で肺が変色するほどの影響が出るならば、まもなく滞在9年になる私にも影響が出ていないわけはなく、非常に恐怖を覚えるようなかの発言である。

 特に私などは煙草は吸わないわけだから、肺へ影響があるとすれば環境による影響がほとんどであり、周辺の喫煙者による受動喫煙や大気汚染などによって影響を受けている可能性があるのである。
 考えてみると、ここ数年呼吸器系の不調に苦しんでおり、2年前の鼻茸の手術や、最近の喘息気味の咳などは、黄砂の咳だけでなく、上海全体の空気の悪さによって生み出された可能性がある。

 まあ「喫煙者との食事は気が進まない」でも書いた通り、喫煙者とわかっている相手との食事は避けられるものなら避けているのだが、そうは言っても100%避けることは出来ず、受動喫煙はかなりあり、9年間の積み重ねによって肺が悪くなってしまった可能性がある。

 ここ数週間は頭がくらくらするほど辛い咳に襲われることもあり、生活にはちょっと困っている部分もある。

 そう考えると、今の現状では上海を脱出するか、マスクを必ずするしか対応はないのだが、どちらもすぐには現実的ではないなと感じてしまっている今の現実である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com