母校が100周年なのに参加できない悔しさ

 実は今日、11月1日は自分の母校の小学校の創立100周年の創立記念日であり、それを記念して式典が行われる予定であり、大同窓会も開かれる予定なのだが、私個人として結局、時間もお金も余裕が見出せず、上海から帰国できる目処が立たなかったので参加できないことになった。
 その式典では自分が小学校の時に書いた作文が、30年ぶりにタイムカプセルから掘り起こされることになっていて、実は封印したときから今日の今日まで時折思い出しては、指折り数えてこの日を待ち焦がれていた。
 まあその作文を見たところでどうってこともないかもしれないが、自分が30年前に何を書いたのかは、もう今となっては思い出せず、ちょっと見てみたい興味が沸いている。
 さらに、大同窓会も非常に楽しみにしていた。
 あの時の皆が、どんな状態のおじさんおばさんになっているかは楽しみであった。
 それに上海に移り住んでしまった自分にとっては、貴重な日本人脈を再開拓再構築する貴重なチャンスであったかもしれないのだ。

 小学校の同級生の集まりは、多種多様の業界の人間の集まりになっている可能性が非常に高いので、そういった意味では一つのビジネスチャンスを逃したような気もしており、非常に悔しい。
 まあ近くなったようでも遠いのが上海と日本で、日本国内なら車を飛ばしてでもいけるところだが、上海と日本の間には国境の壁がやはり立ちはだかり、航空料金やサーチャージ、移動時間など壁は大きい。
 業務上の理由を見つけて会社経費で日本に飛ぶという方法もなくはなかったが、日本に案件はあっても移動費用に見合うだけの成果は期待できず、結局その方法も難しい気がして諦めた。この時代メールで十分だからである。
それより何より、ここ数日忙しくて昼間はほとんど出ずっぱりで、後処理を夜にしようにも、会合などの付き合いが入ったりして、業務処理をするのが夜中になっているような生活が続いている。
 故に今回の記念式典が上海で行われたものであったとしても、もしかすると参加できなかった可能性もある。
 そう考えると、ほとんど参加すること自体無理だったのかも知れないが、やっぱり30年来待ち焦がれた日をフイにしてしまうのはとっても悔しいのである。

原文



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com