英語はもう話せない

上海生活も3年を超えてくると、上手下手は別にして中国語で話すという習慣が身についてくる。
母国語以外の外国語といえば中国語という状態になった。
まあ当然といえば当然で、中国にいるのだから必然的に中国語を使って生活している。

しかしこうなってくると時々厄介なことが起きてくる。英語の会話が全くできなくなったのである。
まあもともと英語は学生時代から大変苦手な教科で、お世辞にも上手とは言われない私の英会話であるが、これでも曲りなりに英語を使って一人でスペイン旅行をしてきており、最低限の意思疎通は行なって旅行をしてきたのだから、英語を少し話すことはできたわけである。

しかし、今となってはそれは全く過去の栄光となった。

今はもう英語を話すことが出来なくなった。とはいえ全く忘れてしまった訳ではなく、ヒアリングや読解に関しては、分かる単語量は多くないが、結構早口の英語を言われてもそれなりに相手の意図を拾うことが出来る。
しかし話すことに関しては全く出来なくなった。

何故なら英語を話そうとしても口の中から自然と中国語が出てきてしまうのである。

”Are you Japanese?”という英語の質問に”対”(dui4)とつい中国語で反応してしまう。

運よく英語で話し始めることができても、結局最後は
“7 O””clock的時候(de shi2 hou4)”
(7時頃)
と中国語になってしまう。

先日、
She is 我的(wo3de)  friend!
(彼女は私の友達)
と言われ、違和感なく英語として受け取ってしまったが、当然のことながらこれは英語では無い。

こんな状態私だけかと思ったら英語話せない病は、上海に来ている多くの日本人共有の悩みとなっているようだ。

もちろん両方悠長に使いこなす人はいるのだが、私のような中途半端な人間は結局どんどん英語から遠ざかっている。
もちろん中国語がどんどん上達しているのならそれもありだが、どちらも中途半端な状態になりつつあるような気がしてしまう。

 せめて母国語の日本語だけは忘れまいとこうやってブログなどで日本語に接している上海生活の毎日である。

原文



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com