便利な北京のバス、丸4日タクシーを使わず

今回、北京には4日間ほど滞在したのだが、相当動き回ったにも関わらず、実は一度たりともタクシーを使わず行動した。地下鉄すらそれほど使ってない。
実はなんと4日間ほとんど路線バスで行動したのである。予め断っておくが私が北京を訪れたのは2度目で、前回は2年前にたった一日滞在しただけである。

北京のバス

北京のバス

 今回私がバスばかりで行動したのは、もちろん「私がケチ」ということもあるかもしれないが、それほど北京のバス路線は充実しており地図上の位置関係さえ把握していれば、どこに行くにもバスが利用できた。むざむざ高いタクシーにいちいち乗る必要がなかったのである。実際バスに特化して乗るということで、タクシーに比べてそれほど苦労したということもなかった。
 今回の私のように何箇所も動き回る行程では何度もタクシーに乗って行動していたのでは費用があっという間に高額になってしまう。いくら経費で落としてもらえるであろうとはいえ、立替も馬鹿にならない。
 バスなら12km以下なら1回1元であり、北京市内はほとんど1元で行動できる。タクシーの初乗りが10元なので経費は1/10以下になる。時間が多少余分にかかるとはいえ、タクシーに比べ所要時間にそれほど極端な差が出るわけでもない。

 さらに、ここからが私の自慢なのだが、今回実はなんと中国の各都市にもよくあるバスの路線図を一切使ってはいないのである。
 路線図を使わずどうやってバスを乗り継いだのかといえば、ガイドブック上の普通の地図で現在地と目的地の位置関係、例えば方角と目的地との間にある地名、さらに目的地より先にある地名を確認し、バス停にある各路線の経路を見て、一致する名前を探しだしバスを選んだのである。

北京のバス停標識

北京のバス停標識

 これは自慢というより自分自身に驚いている。いくら上海でバスに乗り慣れているとはいえ、過去に一度しか訪れていない都市で、バスでこんなに行動できたことに驚いた。やはりそれだけ北京のバスが便利だということであろう。
 これは首都であるが故、オリンピック開催前の北京であるが故の便利さかもしれないので、中国の他の地方都市の事情も同じだとは思わないで欲しいが、皆さんも機会があれば是非勇気をもって北京の路線バスの旅を楽しんで欲しい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com