祝!北島100m蛙泳2連覇 でも世界新記録の素朴な疑問

男、北島康介が見事やってくれました!

オリンピック競泳男子平泳ぎ100mでアテネに続いて2連覇。

しかも初めて59秒をきる世界新記録58秒91で。

 直前の不安を吹き飛ばす見事な泳ぎだった。これでライバル不在の200mも金への望みが高くなり、連続2冠に期待が持てる。

 ところで、この競泳に限らず、陸上の記録でも同じ疑問があるのだが、世界新記録を出した選手は練習のときのタイムは実際どうなんだろうか?

 もちろん競技会ではないので非公式タイムとなるが、練習時には世界記録を上回るタイムをバンバン出してきて、それがそのまま現れたのが今回の結果なのだろうか?

 それとも世界新記録というのは競技大会本番の緊張感が引き出す唯一無二の新記録で、練習のときはそのようなタイムは出していないのだろうか?

 世界新記録を出す選手を見るたびに悩んでしまう素朴な疑問である。

 (ちなみに中国語で平泳ぎは蛙泳だそうで、確かにカエル泳ぎである)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com