上野雅恵選手連覇おめでとう 五輪に愛される人

 またまた連覇やってくれました上野雅恵選手が女子70kg級で五輪2連覇を達成しました。おめでとうございます。

 私も大会前から期待していた一人ではあるが、勝負は水物、終わって見なければ分からないのが勝負の世界であるので、実際優勝が決まるまではドキドキものだった。

 ただ、そうドキドキしながらも、最初からどこか安心感というか優勝を信じられるものが彼女にあったような気がしていた。それは前日の谷本選手や男子の内柴選手、更には水泳の北島選手も同じものを感じていた。

 実はこの金メダルを取った4人はいずれもアテネからの連覇という不思議な共通点がある。しかしながら、その後北京オリンピックを迎えるまでの4年間の経過が順調でなかったということも共通点として挙げることが出来ると思う。

 私は今中国にいるので今回の大会前の彼らをほとんど知らないが、4年前の彼らの競技は全部見ていた。あの時彼ら4人に感じていたのは真っ直ぐ自分を信じる強さである。彼らがこの4年間実際どう過ごしてきたのか分からないが、この4年間の成績だけを見ると、彼らは今回再び代表に選ばれるまでの間は、金メダリストという自分の肩書きと戦いもがき苦しみながら低迷しつつも、真っ直ぐこのオリンピック見つめて、この時を迎えたように思う。

 私は、あのときの彼らが、もし今回の五輪のチャンスを掴めたなら金メダルは信じられる、そういう印象が4年前の彼らにはあった。

 今回、谷本選手の試合時の放送で、解説の山口香さん言った言葉で印象に残っている言葉がある。

 オリンピックという場所は不思議な場所で、普段実力があって無敵であっても、オリンピックになると実力を出し切れない人がいるかと思えば、オリンピックという舞台で無類の実力を発揮する「オリンピックに愛される人」がいるようだと。

 まさにこの4人はそういう「オリンピックに愛される人」のような気がする。

そしてもう一人、塚田真希選手も五輪に愛されていると私は思っている。
 他の人の勝利を期待しないわけではないが、何故か彼女にそれを感じる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com