新型コロナ感染者の影響で、弁当の配達範囲が狭くなった?

 先々週の上海市内で新型コロナ感染者判明の影響を受けて、細かいところで影響が出始めている。

 幸いまだ出勤制限などの影響を受けていないが、弁当の配達範囲に制限がかけられていることが判明した。

 先週の月曜日にいつものように、ワイマイでいつもの日本料理屋から弁当を注文しようとしたが、どうにも店舗リストに表示されない。

 おかしいなと店舗名を指定して検索をかけたが、結果リストに現れない。
もしや急に潰れたかなと心配し、過去の注文履歴から店舗を選択すると、配達範囲を超えていますと出てしまった。
そんなバカなと驚いた。

今まででも、雨の日に配達時間設定が拡大されて、こちらの希望する時間には配達できない事は無いことは無かったが、雨でもないのに配達範囲が変わることは無かったからだ。

どうしてかなと考えてみると、会社の近くで新型コロナが発生したことにその要因があるのではないかと推測した。
 私の注文した店舗は、距離的には結構近いはずだが大通りを挟んだ対岸側にあったので、店舗から見ればコロナの発生した封鎖エリアに近づくことになるのである。

 試しに、その店舗の近くにある別のおなじみの店舗に注文しようとしたが、結果は同じだた。

 で、仕方なく同じ系列のもっと会社に近いところの店舗に注文したところ、無事に注文できた。
ちなみに何故わざわざ遠い方に注文していたかというと、内容の盛りが遠い店舗の方が良かったからである(笑)

この結果から察するに大通りを境界として、配達員の健康を考慮してコロナ患者発生個所に近づかない措置が取られたのかと推測する。
 この結果、まあ別に困るほどでもないのだが、私の昼飯の幅が若干狭まった。

 小さな影響ではあるが、新型コロナの感染者がひとたび判明するとこういうところにもすぐ対策が取られるのが、今の上海なのである。

中華丼弁当

中華丼弁当





にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ ブログランキング
上海(海外生活・情報) ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!
ブログの惑星ランキング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA