モンゴル旅行の査証が免除になった!

 先日に引き続き、JNTO(日本観光局)のデータを覗いていたら、なんと日本人のモンゴルへの旅行に関して、30日以内ならば査証が免除になったとの情報を目にした。

慌ててモンゴル大使館のホームページで情報を確認したら、

モンゴル政府は2010年03月24日の閣議で日本国籍方に対し短期ビザ(査証)を4月1日から免除することを決めました。最長30日間、ビザなしで滞在できます。」

と掲載されていた。
どうやら情報は本当のようである。
(まあJNTOの情報を疑ったわけではないが、、、)

 モンゴルという場所は小さいときからの憧れの場所で、中国に来たときから陸続きなのでいつか行ってやろうと思っていたのだが、これまでは事前ビザの手続きが必要であり、もちろん上海からだと距離もそんなに近くないということもあり、そういう構想もなかなか立てられずにいた。

 しかし、査証が免除となれば敷居は一段低くなり、時間とお金があれば思い立った時に気軽に行けるようなった。故に夢のモンゴルが一歩近づいたかもしれない。

 とはいえ、距離的な遠さが変わったわけでもなく、経済的時間的余裕がそんなにあるわけでもないので、モンゴル旅行がそんなに急激に決まる状況にはならなそうである。

 それに中国国内からならば、内モンゴル自治区という同じ文化を持った民族が住んでいるエリアがあり、フフホト(呼和浩特)あたりまでなら上海から飛行機でそれほど高くない金額でチケットが買えるので、わざわざモンゴル本国まで乗り込む必要もなさそうに思える。

 しかしまあそこは中華圏の影響を受けてしまったエリアと純粋性を保っているであろう独立国の違いがあるであろうし、ウランバートルという地名は私にとってやはり特別な響きがある。

 いつか行ってやる。

その夢の実現のためのグッドニュースであった。

駐日モンゴル大使館ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com