避けがたいお腹の敵

 実はこの一週間ずっとお腹が不調で薬を買って飲んだり病院に通ったりしていたのだがようやく復調に向かってきた。
 中国生活に慣れてきたようでもやはり一年に一回くらい洪水となってしまう。
今回はお腹の調子のお陰で夜中に何度も起きて寝不足にもなった。

 もちろん日常でもユルイときはあるのだが、大体は放っておけば自然治癒してしまう。
ほとんど薬などいらない。
しかし、自然治癒しないときは逆に市販薬では追いつかない状態になっている場合が多い。
結局病院のお世話になることになる。
 今回も恐らくアレであろうという原因は心当たりがあるのだが、今のところ特定できていない。
元々体調も良くなかったので、一つの原因に絞り込めないのだ。
 
 誤解を招かないように書きたいが中国の普通の食生活においては、火の通ったものを食べている限りそれほど危ないことはない。
大体の場合においてお腹を壊す要因はその場で察知できて回避できる場合が多く、思いもよらないものに当たるということはまず考えにくい。 
それでももちろん食べ物にあたる場合はあるが、その可能性は日本だってありえる。

 実は今回の場合はこれを食べたらちょっと危ないかなぁと思いつつ食べてしまった。
何故避けられなかったかというと、詳しくは書けないが避けられない理由があったからである。
 実はこの避けられない事情が発生したときが中国生活で一番厄介な瞬間だ。

前回の大洪水も実は同様の避けられない理由に起因していた。
 この避けにくい理由をどう上手に回避するか、そこが中国で生き残るためのコツのような気がする。(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com