熊本地震災害に対する複雑な思いとガレキ拒否の記憶

 一昨日、熊本で大規模な地震が発生し、家屋の倒壊や建物の下敷きになって死亡する人が出るなど、第一報を聞いた時に想像していた状況に比べ、被害が大きそうな状況にちょっと驚いている。

 震度7はさすがに大きかったというか、地震対策の進んでいる日本であってもやはり被害が出てしまうのが地震という自然災害なのであろう。
 とにかく救助が進み一人でも多くの人が助かって欲しいと感じている気持ちには間違いがない。

 ただ、今回の地震について上海にいる自分が大して手を差し伸べられないことについては東日本大震災の時と同じなのだが、被害について積極的に手を差し伸べたいと思うかどうかの点の感情は、東日本の時の感情とは同じものとは言えないものとなっている。

 それは5年前の東日本大震災の時に受けた九州の人間の非協力的な態度のしこりがまだ記憶に残っているからである。

 2011年当時、東日本大震災において甚大な被害を受けた福島や岩手、宮城では、ガレキの処理に大変困っていた。

 そこで環境省の役人が全国の都道府県に協力を要請したのだが、九州の各県ではなんとこれらのガレキ受け入れ要求を拒否したのである。

 特に熊本県では、熊本市など県内8団体が明確に揃って受け入れ拒否を環境省に伝えたと報道されていた。

当時のガレキ拒否の記事 (引用元)

当時のガレキ拒否の記事
引用元

 これは東日本にいる人間、特に東北に関わりのある人間にとってはショッキングな反応であり、災害時の緊急性を共感してもらえない状況だと映り、熊本や九州の人間の冷たさを見せつけられたような出来事だったのである。

 もちろん、拒否する側にもそれなりの理屈はあるだろうし、放射能の危険性を心配する気持ちはわからないではない。

 しかし、九州地方環境事務所では「安全に処理する環境設備には環境省が責任を持つので何とか協力をお願いしたい」と話しており、つまり放射線レベルに問題の無いガレキの受け入れの協力要請という話であり、量的問題はともかく安全性の不安に配慮した提案のはずだった

 それ故に、少なくとも熊本市に協力する気さえあれば検査を厳格にすることなどで、不安を解消することは可能だったはずで何らかの協力は出来たと思われるのだが、結局は協力自体が全く拒否されたのである。

 私からすれば、それほどまでに放射能に不安がある住民感情なら九州には川内原発など幾らでも拒否すべき存在があるはずなのに、それを受け入れておいて、危険性が低いガレキを受け入れられないという反応は、災害対応に協力する意思がないだけのように映ったのである。

 確かに同じ日本という国の枠にあるとはいえ、会津と薩摩長州の間に今も感情的しこりがあると言われるように、もともと東北の人間にとって西日本や九州の人間は馴染みにくい存在であり、それ故に先方でも災害時の緊急性を共有していただけなかったのであろうに思う。

 そんな過去の経緯の記憶もあって、今回の熊本に震災が発生しても、被災者には素直に同情できない感情が存在するのである。

 まあこんな複雑な感情はあるが、あの時にガレキの受け入れを拒否した人と今回被災された方は同じ人ではないと自分に言い聞かせ、現在は災害救助の状況を見守っている。



33 thoughts on “熊本地震災害に対する複雑な思いとガレキ拒否の記憶

  1. はなり

    ガレキ拒否されたから、九州の方が非協力的か。
    義援金やボランティア、そして心からの祈り。あの時、九州の方も東北に対してできる支援をしてくれたと思うけどな。それは協力ではないのかな。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      コメントありがとうございます。
      あの時に少なくともショックは受けましたね。
      義援金とか、ボランティアとか、九州・熊本にも個人として協力された方は大勢いらしたでしょうが、自治体からの拒否という回答はとても心を痛めるものでした。

      Reply
  2. peg

    はじめまして。
    タイトルに惹かれて伺いました。
    正直、迷いましたけれど、コメントを残すことにしました。

    私も上海ワインさんと全く同じ気持ちを抱いています。
    はなりさんのご意見を否定するつもりはありません。
    その通りだと感じました。

    ただ。
    支援もボランティアも、心からの祈りも。
    がれき引き受け拒否と言う一件だけで、根底が虚しくなってしまったと言う感は否めません。
    すべて心ある人たちの善意だったことが、台無しになってしまったと感じました。

    風化と言うにはあまりに時間が短いと悲しくなりました。

    明日は我が身。
    この国の住民ならば、みんなそうです。
    あの時受け入れ拒否をされた方は、それを考えたでしょうか?
    そして、今どんな気持ちを抱くのでしょうか?

    支援もボランティアも、心からの祈りも大切ですが、口だけではなく、ポーズだけでもなく、現実的な痛みを分かち合うことも大切なことと思います。
    それがあって初めて、すべてが意味を持ち、すべてが活きるのではと思います。

    だからこそ、支援は難しい。
    と、思います。
    相手に気付かれないように寄り添って、さりげなく必要ななことだけを手助けをする。
    必要ならば、痛みも一緒に分かち合う。
    そんな方法があるのなら、こんな気持ちにならなくて済むのにと思います。

    複雑ではありますが、今回の地震では大切な友人も被災しており、車上生活を余儀なくされています。
    何とか力になりたいと思いながらも、出来ることはとても少ない。
    そんな焦りも複雑な色々の一つかも知れません。

    つい長々と書きすぎてしまいました。
    ご迷惑だったかも知れないですね。
    ごめんなさい。

    最後になってしまいましたが、上海ワインさんの文章は柔らかでとても素敵です。
    また、お邪魔させてください。
    それでは。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      コメントありがとうございます。
      批判を受けるのを覚悟で書いてみましたが、同じように感じて頂ける方もいて、少し安心しました。
      5年前に、例え各市町村がトラック1台分ずつだけでもガレキを受け入れてもらえていたなら、気は心で絆を感じることが出来たはずで、今回このような複雑な思いを抱かなくてよかったように思います。
       ただもう過ぎてしまったことは仕方ないし、「困った時はお互いさま」の気持ちは理解いただけたかと思うので、これ以上はひきずらないようにしたいと考えています。

      Reply
  3. ひめママ

    熊本地震について私と同じように感じていた方がいた事、少しほっとしています。あまりにもずさんな危機管理、東日本からまだ5年しかたっていないのに何の対策もしていないとは。
    日本に住んでいる限り無関係で済むことがない事は小さい子供でもわかる事です。熊本県全体が防災意識が欠如しているように思えて、募金はしましたが、心から心配できないでいました。
    各自治体の方々もクレクレばかりで、自分たちで何とかしようという意気込みが全く感じられないのは私だけでしょうか。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      コメントありがとうございます。
      今回、被災された県民の方はともかく、県などの自治体の対応はちょっと首をかしげる部分が多いのは事実です。
      例えば激甚災害指定は、被害の規模を把握してから災害復興予算を算定し援助額を決定するプロセスであり、その内容といえば主に農地や道路など土木関連であり、中小企業支援なども含まれますが、いずれもお金を補助するという制度で、震災発生直後から知事が指定要請するような内容とは言えないものです。
      まずは災害救助を要請し、目先の救助や状況の平穏化を行った後に、国が復興に向かってお金の手当てをするのであり、災害発生直後にいきなり知事が国に向かって金をくれというのはおかしな要請だと感じました。

      上海ワルツ 

      Reply
  4. まりあ

    福岡出身です。
    全然同情できません。
    なぜか・・気質が分かるから。。

    ボランティアも被災者なのに怒鳴りつけるとか。。
    お年寄りは特に居丈高。
    都合が悪くなると泣くか喚くか怒鳴るか。

    東日本の出来事はよその国のこと!
    親は「福島の物食べちゃ駄目よ!九州産にしなさい!」と・・あからさま・・笑。
    もうね。まるで汚いもの。的なもの言い。。
    そういう人が多かった。
    だからがれきも放射能とか関係なく感情で拒否したんだと思う。
    おこないは自分に帰ってくる。
    情けは人の為ならず。です。

    気にせずずっと福島産の米食べてますけど。。

    東北の時は被災した方の我慢強さとか、置き去りにされた動物たちとか。。悲しくなったり苦しくなったり、ボランティアにもいきましたが。。今回全然そんな気置きません。

    もちろん自分たちにはそんなこと起こるなんて想像もしてないから何の備えも無く、地震保険も入ってない。

    Amazonで大型TV6台とかメトロノーム50個とか・・なんだかんだで600万円分クレクレ言う被災者に同情なんて・・出来ません(ネットの恐ろしさも地震と一緒で想像できない)。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      コメントありがとうございます。

      そのような現地の話を聞くと、例え一握りの方の話だとしても非常に残念ですね。

      上海ワルツ

      Reply
  5. みどり

    私と私の家族みんなが思っていたことを代弁してくださってありがとうございます。当時、熊本への受け入れ反対派の方々が、試験的に震災ゴミの焼却を受け入れてくれた北九州市までわざわざ赴き反対運動をしているニュースを見て、悲しくて悔しくて・・・その時の思いは今でも忘れられません。私の県では、受け入れをしてくれる都道府県で処理をしやすいように手作業でゴミの仕分けをしたり、放射線量を計って安全性を確認したりと、かなりの気を使ってゴミの処理をお願いしていました。たぶん拒否をした方々は、被災地でのゴミ処理の仕方なんかどーでも良くて、ただただ被災地のゴミは危険としか思ってなかったのでしょうね。今回の地震に関して募金はしましたが・・・すみません、正直複雑な気持ちです。

    Reply
  6. ある

    すごく考えさせられる記事でした。
    答えは一つなんでしょうが、難しい問題ですよね。人間損得感情がありますし。

    Reply
  7. 称好

    怖い世の中だね。
    東北の瓦礫受け入れ拒否って熊本だけじゃないよね。
    それを情けは人の・・・・とか。
    川内原発は鹿児島だよ、熊本には原発は無い。補助金欲しさに原発誘致して、事故ったから瓦礫の処理お願いって、そっちのほうが虫がよすぎ。
    震災の時は支援できる人はする。出来ない人はされなくてもいい。出来る支援をすればいい。じゃないの?
    仮に川内原発が被災して、その瓦礫を受け入れてくれって言ったら皆さんお住まいの自治体必ずうけいれてくれるんでしょうね。
    この問題は国が責任もって対応すべきところだが当時の民主政権では対応が不十分だった。
    それを瓦礫受け入れ拒否ってだけで叩くとか、じゃぁ他の受け入れ拒否した自治体に災害があっても同じ事言ってあげてください。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      コメントありがとうございます。

      未だに津波のガレキと、福島の原発の問題を同一視される方がいらっしゃるのは非常に残念ですね。
      九州の方が、いかに関心が無く東北の方の災害としか捉えておらず、詳細を見ていなかったのかなと思うと悲しい話です。

                                            上海ワルツ
                                   

      Reply
  8. タロー

    東北民で、福島ではないです。
    正直、瓦礫受け入れ拒否はわかる。放射線はホントは誰でも怖いよ。そこまではわかる。でもさ、団体集まってプラカード掲げて反対は普通はしないんじゃないか?あの状況で。こっちの気持ち、考えてる?すごい死んでるんだよ?
    一番頭にきたのは、被災地で処理すれば現地に収入生まれて復興早まるだろ?ってのが腹立った。

    本当によかったね九州!熊本城とか家なおせば大もうけだね。それで復興できるじゃん!

    九州の人全員に言ってるつもりはない。東日本の時に心ない発言をした人には全く同情はない。

    Reply
  9. お邪魔します

    理解しますが賛同は出来ません。
    私には3人の子供がいます。
    もし子供が「九州の人は非協力的で嫌だ。熊本の被災者には素直に同情出来ない。」
    と言われたら私は迷わず子供を叱ります!
    「困った時はお互い様。例えガレキ受け入れしてなくても他で沢山の支援を頂いた。それぞれ出来る限りの支援を頂いて、一部分だけ切り取って生意気な事言うな!」と。
    私は、昔の事をほりかえして根に持つ様な事はしたくないですね。
    貴方が書かれてる事もガレキ拒否と同じ。痛みを共有出来ないのならね。
    まぁ人それぞれだから貴方の様に素直に同情出来ない人もいますよね。韓国の大統領みたいに1000年経っても変わらない。と同じですよ。逆に「昔の事は関係無い今こそ団結!」とか言ったらカッコいい!じゃないですか

    私も以前上海で生活してました。
    古北の水城路に住んでました。
    覚えた中国語といえばニーハオとファーピァオ、マイタンくらいですが ^_^; あっそれとグーベイジャルフール。タクシーではそれで通用。東日本大震災の時も上海にいました。
    最初に知ったのはタクシーの中ででした。
    運ちゃんが「リーペン ディーチェン!」と叫んでて何だろうと思って調べたら、えー!マジか!と叫んでしまいました。
    その時はイベント関係の仕事をやっており売り上げの一部寄付させていただきました。
    そのイベントは九州新幹線関係です。
    九州新幹線のイベントも細やかな物になりました。九州の皆さんとても心配されてましたよ。
    自治体云々ありますが、ますは個人個人ができる事じゃないですか?昔の事を言ったらきりがありません。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      コメントありがとうございます。
      今回の熊本地震の方の犠牲者の多くが、現在の耐震基準を満たさない古い建築基準で建てられた家に住まわれた方と伺っております。
       こういう話を聞くと、阪神淡路や東日本大震災の件を対岸の火事と捉えていらしたのかなと印象で、ひょっとするとこれまで5年間もの間、危機感も無く何も対応せずに来たのかもしれず、当時のガレキ拒否という切迫感を理解いただけない対応の理由がわかった気がしました。
       恐らくかつて拒否された方々は「たかがガレキ」と思われていたのだろうかと思いますが、当時の被災者にとってはそこがショックだったのであり、全国に頭を下げてお願いしなければならない程切迫した状況を、感じてもらえなかったのが辛かったということです。
       お金の支援も現地にとっては大変ありがたいことに違いありませんが、お金なんて直接手を差し伸べられないから、お金で代用するのであって、現地ではお金では解決できない苦しみが沢山あったはずで、それを理解せずお金を送ったことで支援したつもりでいるのは我々の自己満足に過ぎないのではないでしょうか。
       「お邪魔します」さんはむしろ、当時の東日本の方の心の痛みを本当の意味で共有できておられないから、そのようにおっしゃることが出来るように感じます。

       昔のことと言いますが、まだ完全な復興を成し遂げない状況で、5年という時間ではかつてのことを風化させるにはあまりにも短い時間です。
       ただ今回はその熊本の方々が被災し、恐らく当時の東日本の方々と同じ想いを抱いているはずなので、私も募金程度の協力はさせて頂いており、見捨てようとかそういう気持ちはさらさらありません。
       しかしまあ叶うなら今回の被災者の方々に、あの時の東日本大震災の事を思い出していただき、当時の被災者の気持ちを想像していただける機会になればとは感じています。

      上海ワルツ

      Reply
  10. 後藤 ゆり子

    私の地元には阪神のガレキが残っているのに東北のガレキを受け入れ拒否すると非国民といわれました。それ以来東北人と同じ日本人であるのがイヤでしょうがないのですが

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      コメントありがとうございます。
      東北の方も同じように思っていらしゃると思いますよ。
      同じ国民なのに痛みを共有できないというのは残念ですね。
      阪神の震災を体験されているのに、東北の方の気持ちを理解できないというのはなおさら残念で、
      もし、がれきの受け入れが難しくあっても、気は心で、ちょっとした対応一つで印象は変わったと思います。

                                     上海ワルツ

      Reply
  11. 後藤 ゆり子

    兵庫県高砂市にまだ阪神のガレキが残っているんです、て宮城県庁に電話をしたら兵庫のことは知らんといわれました。東北の人間の冷たさをみせつけられましたけど。同じ国民なのに痛みを共有できないのは東北も同じですね。

    Reply
  12. 後藤 ゆり子

    私は宮城県庁に阪神のガレキが残っているんですと電話したら、兵庫のことは知らんといわれました。痛みを共有できないのは東北も同じですね。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      後藤ゆり子様

      お返事遅くなりました。
      突然宮城県庁に電話したんですかね?
      あなたのやっていることは、ヒステリックなクレーマーと同じで、そのようにとらえられてしまったのだと思いますよ。
      自分の言うことに正当性をお持ちとお考えならば、問い合わせ方法も礼をわきまえないと、ちゃんと受け止めてもらえないと思いますよ。

                                         上海ワルツ 

      Reply
  13. 後藤 ゆり子

    ガレキ受け入れ拒否された事ぐらいでぎゃーぎゃー騒ぐのはやめて欲しいです。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      後藤ゆりこ様

      ギャーギャーですか?
      関西におられ、震災を知っている方なら残念な言い様ですね。
      阪神大震災の時、全国の方がかの地域に対して大小様々な援助を行ったこともあったでしょう。
      東日本の時は、お金では解決できないガレキの苦しみを政府を通じてお願いしたのに、次々に拒否された状況はやはりショックだと思います。
      恐らくその多くは福島原発事故の放射能の濡れ衣だったのかもしれませんが、ちょっと大人げない反応だったような印象ではありました。
      痛みを共有しようとしない姿勢はこの小さな日本では生きづらいと思いますがね。

                                         上海ワルツ

      Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      通りすがり様

      コメントありがとうございます。
      まあ、こうやって受け入れ拒否された経緯があると、
      心に引っかかるものはあっても、結局手を差し伸べる他ないんですが、
      自分が相手の立場に陥ったことを普段から意識して振る舞おうってことなんですよね。

                              上海ワルツ

      Reply
  14. 後藤 ゆり子

    じゃああなたは阪神のガレキが残っているのに受け入れ拒否するなというのですか。自分勝手なのは東北の方です。東日本大震災なんて1日も早く風化してほしいです。2万人亡くなったといっても地球がやったことです。ちょっと断られたからって八つ当たりですよね。出来る支援と出来ない支援がある事が分からないあなたって頭悪いんじゃないの。

    Reply
    1. KEIA

      >自分勝手なのは東北の方です。東日本大震災なんて1日も早く風化してほしいです。2万人亡くなったといっても地球がやったことです。
      ・・・アホとしか言いようがありません。どうして一部を見て全部を語るの?
      そりゃ、東北にだって熊本に敵意を抱いてる人はいるよ。でも、そんなのはどこだって同じじゃないですか。
      例えば、3.11当時に「東北ざまあ」と書き込んでいた2ちゃんねるの書き込みを俎上に上げてもいいですか?違うでしょ。
      これは外交でも同じこと。その国の対日政策で日本に対する緊張感を深めていても、国民的には「ニッポン大好き」だったりするものです。
      見当違いな不信感や敵対心、嫌悪感を抱いているのは貴女の方です。一度「妄想性パーソナリティ障害」をお調べになったら宜しいかと思います。
      憎悪は憎悪を生むだけです。貴女こそ、日本人を無意味に敵対させて国益を損なおうとさせる「反日」です。どうぞ、一生帰って来ないでください。

      Reply
  15. 後藤 ゆり子

    あなたみたいな頭悪い人間がたくさんいるからこの世の中は住みにくいのです。ずっと中国に住んで日本に帰ってくるな!

    Reply
  16. 後藤 ゆり子

    あなたみたいな頭悪い人は中国に帰化して下さい。あなたみたいな頭悪い日本人が一人でも減ってくれたら大変嬉しいです。

    Reply
  17. 後藤 ゆり子

    ガレキ拒否した人達より原因作った東電に八つ当たりした方が賢いと思うけど。頭悪いあなたはそうやってガレキ拒否した人たちのこと一生恨んで過ごすと思うわ。とにかく中国に帰化して日本には一生帰って来ないで。一人でも頭悪い日本人が減ってくれる事を願っています。

    Reply
    1. 上海ワルツ Post author

      後藤ゆり子様

      まとめて返信しますが、八つ当たりをすれば問題が解決するのであれあ、誰でも八つ当たりで済ませるでしょう。
      あなたは私への八つ当たりで問題が解決しますか?
      阪神の瓦礫が残っていようが、受け入れの余地があるなら多少は受けれるべきだったでしょう。

      東日本大震災の風化を願うあなたの地元の阪神淡路大震災は風化しましたか?
      瓦礫が残っているなら、風化せずまだ苦しんでいる人がいるということではないのではないでしょうか?
      その苦しみがわかっているなら、瓦礫の受け入れ要請に対して、たとえ物理的に多くは無理でも、もっと誠意ある対応が出来たと思われます。
      私はあなたのような心の狭い方が災害の多い日本で日本人を名乗られていることのほうがよほど残念ですね。

                                          上海ワルツ
       

      Reply
  18. 後藤 ゆり子

    これで最後にします。阪神のガレキが残っているので受け入れは不可能です。それは宮城県庁も分かってくれましたよ。あなたは分からないのですね。もはやあなたは人間の心を持ってない人だという事が分かりました。21年前のガレキが残っていて苦しんでいるのに受け入れろだなんてよくも言えたわね。

    Reply
  19. 後藤 ゆり子

    最後にもう一つ言い忘れた事がありました。私は日本人としての誇りはすてました。放射能ガレキをばらまくバカな国民に誇りなんて持てません。あなたも中国に帰化されたらどうですか?これは意地悪で言ってないです。中国の方が考えようによっては素晴らしい国かも。

    Reply
  20. 後藤 ゆり子

    何度もすいません。私の地元のガレキと東北のガレキ交換だったらいいわよ。これで本当の痛みの共有ができていいじゃない。こんなことしても意味ないけど。だから宮城県庁も受け入れしなくていいと言ってきたのかな?

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com