本当に日本の人口は減っているか?

 先ほど発表された国勢調査によると、日本の人口が0.7%(94万人)減少したとされた。
 このニュースを聞いただけでは、日本国籍を持つ人の数が減ったのだと勘違いしそうだが、実はそう読み取るのは早計である。

 その理由としてまず第一にこの統計は、調査員が調査票を各家庭に配って実施しているもので、国籍問わず居住している人をカウントしており、外国人でも居住者として数えた結果の数字となっている。

 つまりこの調査では外国人も日本の国勢人口に含まれるのである。

 逆に日本国籍を持っていても、調査基準日現在で外国に住んでいる人はカウントされないことになり、例えば私のような上海在住の人間は、調査の基準に照らし合わせれば人口にカウントされないことになってしまう。
 同様にサッカーの本田選手や香川選手なども海外で活躍するスポーツ選手なども日本に住んでいないので当然日本の国勢人口には数えられていないはずである。
 このような日本国籍を持ちながら海外に居住する在外邦人は海外全体で130万人いるとされており、今回の減少幅と比較して考えれば実は日本の国勢調査に与える影響は小さくない。

 じゃあ、国内の人口に在外邦人の人数を足せば良いのではないかと思われる人もいると思うが、この在外邦人の統計も個人の在留届をベースに、進出企業に対する聞き取り調査などを加味して実施しているのであり、日本国内での住民票の有無を問わずカウントされている面もあって、それほど正確な数字が出てくる物ではない。

 つまり任意での提出となっている在留届では正確な数は把握しようがなく、正確なデータとして信じるにはちょっと足りるものではないのである。

 在外邦人は私のように日本の人口には数えられていない人が大半だと思われが、在外邦人の一部は日本居留者として国勢調査で報告しているケースもあり、日本の人口と重複カウントもかなりあると察せられる。
 逆に、聞くところに依ると、今回の国勢調査では調査票が届かなかった世帯があったとか、マイナンバーへの不信感もあって調査そのものが拒否されたり、外国人たちが調査に協力しなかったりと、調査の捕捉率についてもかなり疑念がもたれる状態となっている。

 このようにデータ管理が進んでいる日本でさえ、現在存命中の日本国籍者の数を正確に把握するというのはかなり難しい作業だと言えるのである。

 ならば、今年からスタートしたマイナンバーの活用して調査したらどうかという意見もあるが、実はこれも国勢調査と似たような面を持ち、さらには居住実態と必ずしも一致しない面があるので実像からは乖離し国勢調査以上に正確な人口把握は難しいものとなっている。  

 その理由としてマイナンバーは住民票をベースにナンバリングされており、外国人でも登録者であれば付与されている番号だからである。 

 それ故に、やはり私のように住民票を抜いて海外に出ている人は番号自体が付与されず、統計の対象外となる。
 さらに、住民票の転出・転入届を行わず勝手に引っ越しする人もいるので、地理的な分散の把握もやはり不正確になっており、マイナンバーは国勢調査以上に実態から乖離しているものとなっている。

 こうやって考えて行くと、とどのつまり日本国籍保持者の正確な人口を把握しているデータや調査は何一つないということになる。

 つまりこのような調査実態の中で発表された日本の人口が0.7%減ったという発表は鵜呑みに出来ないのである。

 数%の変化ならともかく、0.7%程度の減少幅だと、誤差があるかも知れず、本当に日本の人口が減っているという結論を出すにはもっと吟味が必要な状態なのがこの国勢調査であり、日本国民の実態だという気がするのである。
 
DSC04357



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com