上海は朝食天国

 上海という町は、かなり朝食のバリエーションというか選択肢が多い気がする。

 特に市内のローカル店舗があるエリアではその選択肢が広がる。

 まあローカル食を一切受け付けないという人にとっては、日系のコンビニなどが無ければ途端に朝食砂漠なってしまうのかもしれないがが、そうでなければ結構選択肢は多い。

 例えば焼き餃子や生煎(通称焼きショウロンポー)、肉まん、東北韮焼き?、果子煎餅などなど色々なものが売っている。

煎餃

煎餃

 この中でも私のお気に入りは山東省名物だという果子煎餅で1個3元くらいで食べられ、週1~2回はこれを食べている。

 葱の食感が結構気に入っている。

 どうしてもローカル食はちょっと駄目という場合は、マクドナルドやKFCでも朝食を扱っているし、日系コンビニではサンドイッチや菓子パンなども売っているが、まあ残念ながら日本ほどの美味というものにはなってない。

 このように朝食天国となっている背景には、自宅で朝食を作らない人が多いという裏返しでもあり、中国はベース人口が多すぎるので単純な比較は難しいが、日本より朝食を自宅で取らない割合が多いのではないかと感じる。

上海のローカル店舗

上海のローカル店舗

 何故なら日本で自分の家以外で朝食を取ろうとすると選択肢がかなり限られてしまうからである。

 コンビニ、ファミレス、牛丼チェーン、ファーストフードあたりがせいぜいで、まあ後はパン屋があればラッキーかもしれないが、そんなに普遍的にあるわけでもない。

 どれも味の上では上海より遥かに上だと思うが選択肢はやはり少ないという気がするし値段も高い。

 さらに繁華街はまだマシなものの、地方や住宅街などに行くと途端に選択肢が無くなり、旅館やホテルで朝食を取らないと途端に苦しくなるのである。

 そう考えるとやはり上海市内は朝食の選択肢に非常に恵まれている朝食天国だという気がするのである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com