ロケット発射で飛べなくなった飛行機

 先日、中国のロケット神舟10号が打ち上げられたことがニュースになっていたが、その陰でちょっとだけ気になるニュースを見つけた。

 11日の神舟10号のロケット発射時刻の前後に、発射場近くの山東省済南空港では離発着禁止の措置が取られたというのである。

 もちろん念のための安全確保という理由であった。

 報道によればロケット打ち上げ予定時刻の17時38分に合せて、済南空港では16時30分から同空港からの出発はもちろんのこと、到着便の着陸も受け付けない状況になったようで、18機の機体が空港で待機させられていたという。

 そして17時38分に無事打ちあげられ、大気圏突破後の18時5分にこの飛行禁止令は解除されたとあり、その後航空ダイヤは正常運行に復帰したと報道されている。

 まあ、トラブルもなくたわいもないニュースと言えばたわいもないニュースだが、有人ロケット打ち上げと言う国家プロジェクトのためならば、95分間も民間航空機を飛行させなくてもいいという状況になっている。

 もちろん、これがかなり早い時点で告知されているなら特に問題もないと思うが、通知されたのが発射2日前の6月9日であり、これにより予定が狂わされた人も大勢いるだろうと思うが、そんな個人の要求は国家プロジェクトの看板の前では一蹴されてしまうに違いない。

 日本だと、緊急時の臨時の特別措置を除いて、こういった大イベントが2日前の告知と言うことも有り得ず、民間航空便の運航禁止時間設定などということはほとんど考えにくい状況なのだが、この国ではそれが通じてしまう。

 たかが95分の飛行禁止であるが、この国の状況を垣間見るようなニュースである。
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com