腕の炎症

最近ちょっとパソコン作業が多いせいか、腕が炎症気味で痛みを発している。

 腱鞘炎とはちょっと場所が違い、右腕の肘より少し先の部分の外側の筋肉が痛む。

画像はイメージ

画像はイメージ

 かつては腱鞘炎になったようなこともあったかもしれないが、最近はそこは痛くならず、この腕の筋肉の部分に疲労というか、炎症がやってきて時々痛くなる。

 痛くなった時は結局、腕を揉むというかマッサージをするほかない。

 もちろん湿布などをしてもいいが、場所が場所だけに腕まくりして見えるのも恥ずかしいし、揉むだけでかなり和らぐので湿布には頼らず過ごしている。

 他の人の話やネットで調べてみても、腱鞘炎や肩の痛みに苦しむ人の話はよく聞くが、腕の同じ部分が痛いという話はあまり聞かない気がする。

 まあ私のキーボードタイピングは自己流で、普通の人とは違うところに変な力がかかっているのかも知れず、痛くなる場所も違うのかも知れない。

 もう数十年このスタンスでキーボードを打っているものだから、スタイルは変えられないと思うし、パソコンをいじる限りこの痛みと付き合っていくしかないのかなぁという気がしている。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com