スマートフォンと子供の視力の関係

 先日、中国の新聞で電子機器と子供の視力に関する記事が出ていた。
それによれば両親がパソコンやスマートフォンなどを年中使っていると子供にも悪影響が出るのだという。

 まあ、私も仕事上、年がら年中パソコンに向かっており、目への悪影響は身に染みて感じているからこの調査結果は何の驚くべきことでもない、

 しかし、親のこういった生活行動が子供に大きな影響を与えているとなると、大人の行動が子供の健康に与える影響を改めて意識せざるを得ない。

 特に目というのは、なかなか鍛えるのが難しく、一度衰えたら復活するが中々難しいとされている。

 野球のピッチャーやバッターが、足腰に問題はなくとも目の衰えから引退を決意するケースも少なくないと聞く。

 そのくらい目の役割は、小さくなく一生を左右するものとなる。
 しかし、今の世の中は電子機器の画面を見ずに生活することは不可能に近く、しかもスマートフォンのような小さな画面が横行している。

 タブレット型端末であっても画面が小さいことには変わりなく、決して目に優しいとは言えないだろう。

 今の最新型のタブレット型端末やスマートフォンの画面がかつての液晶画面などに比べどのくらい目に優しくなっているか知らないが、恐らくあの画面を凝視することが視力に影響を与えることには変わりなく、例えば小さい子供にタブレット型端末を渡して遊ばせることは、子供の視力に影響を与えることは必至なのではないだろうか?

 そうなると平気で子供にタブレット端末を渡す親はちょっと配慮が足りないということになる。

写真はイメージ

写真はイメージ


 もっとも先日ラジオで聞いたところによると、例えば図鑑などの類は子供は電子機器より本を好むらしく、大人の都合で整理され便利になった情報の塊より、本が与えてくれる世界感や、本そのもの存在感が好きらしい。

 電子機器の目の影響を気にする大人としてはまずは一安心といったところか。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com