そんなに甘くない就労ビザの壁

先日友人が、就職が決まったので会社で就労ビザを申請したところ認可されなかった。
そのお陰で彼は入社そのものも取り消されてしまった。申請が認可されなかった理由は彼の資格不足であるらしい。彼は学歴が大学中退で、しかも職歴も2年に満たないので資格不足ということらしい。彼は大学中退後、一年間中国に留学をし、その後一時中国の別の会社で働いていたが、そこでは一年近くFビザで働かされていたため、資格不足に気づかず今回の申請で発覚となった。
 彼の語学力自体は確かHSK8級か9級の持ち主でその点では不足はないのだが、やはり中国での外国人就労あたって、大卒や職歴というのは非常に大事らしい。日本でも同じことを歌っているが、自国の労働者の保護が最優先であるため、国にとって有益な外国人しか就労を認めないことになっている。むやみやたらの入国を認めないためだ。
 その線引きが学歴や職歴となっている。
上海には大勢の日本人がいるのでつい忘れがちだが、上海は外国なのである
 まあ彼には厳しいようだが外国で働くということはそんなに甘くない。彼には周りからいろんな手が差し伸べられているので変則的な形で中国に残れそうな気配だが、まだまだ厳しい時間が続くであろう。外国はそんなに甘くない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com