Tag Archives: 皆既日食

日食の日の空は雨だった。

前日から雨の予想が出ていた上海。

無情な上海の空

無情な上海の空

急遽、晴れの予報の出ている武漢や重慶に飛ぶことも模索したが準備不足のため安いチケットが確保できず予算不足のため断念。

何より体調もあまりよくなかった。

 もう持病となりつつある副鼻腔炎(蓄膿症)や、暑さゆえに尿の量が減少し、体全体の調子が狂っていて体の妙な臭いが気になる。
そうなるとフットワーが鈍る。

 ということで「世紀の大イベントは」厚い雲の向こうのまま上海で体験することになった。

まあ負け惜しみを言えば、皆既日食自体は実は毎年2回ほど世界中のどこかで起きている。

多いときは3回の年もあるそうだ。月の公転軌道が地球の太陽に対する公道に対して水平ではないが故に起きるミステリーであるだけに、その気になればその2回のチャンスに日食を求めて旅行に行くこともできる。

とはいえ楽々見られるはずだった上海の日食を雨のためにフイにしてしまうのはちょっと残念である。
上海人の日ごろの心がけがそんなに悪かったということだろうか(笑)

さて、さて家にいても仕方ないので街にでて、様子をウォッチングしてみた。

暗くなり大雨が降り出した上海

暗くなり大雨が降り出した上海

 強い雨が降り最悪の環境である。
 9時以降からどんどん空が暗くなって、9時半くらいには完全に夜のように真っ暗になった。

真っ暗な中雨宿りする人

真っ暗な中雨宿りする人

 おそらくこれが日食効果だとは思われるが、先日の夕方の大雨の時も実はかなり真っ暗になったので、雨で暗くなったのか日食で暗くなったのかまったく区別がつかない。

空も暗い

空も暗い

 確かにこれで太陽に月が隠された姿が天空に浮かんでいたら、知識のない古代の人は何か天変地異の前触れだと感じるに違いない。
 しかし実際にはその現実は雲の向こうなので、こちらでは単に「ひどい雨と雨雲」でしかなかった。

中山公園付近午前10時ころの様子

中山公園付近午前10時ころの様子

 故に街の風景も日食の日といった特別な風景ではなく、雨の日の日常風景が流れていただけの上海であった。

日食当日雨の確率80%???

今朝の新聞によると、日食の発生する22日の午前中の上海の降水確率は80%だという。

多くの人が世紀の天体ショーを期待して日本などから訪れているが、どうもその意気込みは空振りに終わりそうな、文字通り”雲行き”である。
 北京五輪のときに使われた人口消雨の技術の再登場などもいわれているようだが、対象となるエリアが広すぎるのと、雨を止ませただけでは雲は消えてくれないので、とても雨対策だけで地上で日食の夢は実現されそうにない。

 これは日本全体も同様の状況のようで、地球上の気まぐれの天気にがっかりさせられる可能性が高いとされている。

もっとも新聞によると、上海の天文台の副所長は非常に楽観的な観測を示していて、晴れである前提で準備を進めているとの話である。

 あと、2日、さてさてどうなることやら??

日食の観測角度の誤解、「南」じゃない!

 あと一週間あまりで上海でも日食が見られる。
 あちらこちらの旅行会社では様々な企画が準備されていて、ほとんどのツアーは既に締め切っているが、そんな旅行会社の資料を見ていて、正確な日食発生位置を記したものがほとんどないことに気がついた。

 はて、日食は本当はどの角度に見えるのだろう??

 各社、時間に関しては、場所によって何秒長いとか短いとか細かいデータが結構出されているが、こと方角と高さに関するデータはあまり書いていない。

 そこで気がついたのが、実は私の周りの多くの人が日食は上海の南側に見えると思っていた。

 このことは100%間違っているとも思えないが、あまり正確な事実を根拠にして言っているとは思えない気がしたので、自分で細かく調べてみることにした。

 いろいろ探しているうちに、かなり細かく日食位置を記しているデータを探し当てることができた。場所によって微妙に数値が変わってくるが上海近郊なら概ねこの数字にあわせて良いと思う。

 まず日食の始まりとされる月と太陽の(見かけ上の)第一接触は、7月22日午前8時23分55秒に、方位89.1度高度40.9度で月を太陽が追っかけるような形で起きるとされている。方位89.1度というのは真北を中心に東回りに測った角度なので、なんと若干北寄りのほぼ真東で日食は始まる。

 つまり南ではなくほぼ真東なのだ。

 ここから食がどんどん始まり、太陽がすっぽり覆われてしまう皆既日食の最大食は午前9時40分に方位100.5度高度57.2度で長いところで5分あまりの日食が見られるとされている。

 この時点でも方位は100度程度ということは真東から南へ若干ずれた程度で方位で言うと東南東で南へ傾いたとは言いがたい。

 そして接触が終わる第4接触が午前11時2分53秒で、方位127度高度73,5とされている。この時点で高度はかなり天頂に近づいているが、方角としてはほぼ南東に近づいたように見える。

 しかしこれは座標軸上のいたずらで、天頂に近づくほど方位線の間隔が密になることから南側に寄ったような数字になるが、垂直よりは若干の傾きがあるからこうなるだけであって、黄道(太陽の通り道)がそんなに南に傾いたわけではない。

 しかもそれとて結局半分までは行っていない。

 つまり日食はほぼ真東で始まって若干の南側への傾きを持ちながらもほぼ垂直に近い状態で上っていくというのが正確な印象であろう。
  これでは南側に見えるとはとても言えない。

 そう、結局日食はほぼ真東の方向で起きるというのが正しい認識となる。

 私も今回調べてみて初めて正確に把握することができた。

 しかし、熱心に調べないと分からないこの事実を、今回どれだけの人が正確に把握しているだろうかと心配になった。

 これだけ正確なデータが広まっていない状況を考えると、旅行会社が観測地として用意した場所が本当に観測に適した場所かどうか怪しくなってくる。

 つまり真東側が本当に開けた場所を用意しているのかという点である。

 まあどの旅行会社も広いグランドなどを用意しているようだから、南側だけが開けた観測地ということはないはずなので、例えその旅行会社が誤解をしていたとしても、当日まず観測できないことはないと思うが、観測地に用意された椅子の向きが東側ではなく南側に向いていることは大いに予想される。

 また、こちらに住めばよく分かることだが、上海の地図でも南北が正確な地図が意外と少なく、南側だと思っていた方向が南東だといこうとも有り得なくはない。

 地元の人の話を鵜呑みにして正確な方角を間違えて会場を設定しているような状況も考えられなくもない。
 故に実際のその日食の見える方向は北東だと思っててそこにだけビルがあっても気にしていないと状況も考えられなくはない。

 だからツアーなどに参加する人は当日は自身で方位磁針を準備して、正確な「東」の方角を確認してから観測に臨んだほうがいい。
 日系の旅行会社だから心配ないだろうと安心してタカをくくっていると、実は中国系の会社が下請けで、彼らが正確な情報を何にも把握していないなどという予想外のことが起きて、高い金を払って日食を見に旅行に来たのに、うっかり日食を見逃してしまうなんてことになりかねない。

 そうならないためにも十分自己防衛が必要だ。

 まあこうやって準備万端整えれば日食がちゃんと見られる!といいたいところが、実はもうひとつの敵、天気が心配になってきた。

 しかも冷酷にも雨の予想も出始めた。

 加えて元より上海は空気が悪いので、東側のそんな低い角度の太陽がちゃんと観測できるのか非常に不安を感じるところではある。

 大気が厚くぼやけてしまうのではないかという心配である。

 と、皆さんが不安になることばかり書いてしまったが、とにかく皆さんの投資が無駄にならぬことを祈りたい。

見えるか?日食!ちょっと無理?

今日は非常に天気が良かったので、部分日食が少しでも見えるのではないかと期待していたのだが、少々雲が多く、地平線付近まで太陽が見えるのかどうか微妙な状態になっている。
案の定、今の時点で雲に隠れ気味になっている。ちょっと難しそうか?まあチャンスは来年の7月にもあるのでそこに期待しよう!でも今日も見たい、見えるか日食?

忘れなかったら見よう、8月1日に皆既日食、そして来年も

 オリンピックの話題、その他もろもろの大事件があったお陰で忘れていたが、今度の8月1日は西安など中国西域のほうでは皆既日食が起きる。
 言うまでも無く皆既日食は月の影に太陽が隠れてしまう現象であり、数年に地球のどこかで発生している。

 今回の皆既日食はカナダの北西部で始まり、北極海を横断後、ロシアに上陸し、アルタイ山脈を越えてロシア、カザフスタン、モンゴルの国境を越えて、中国の新疆ウイグル自治区へと入ってくる。
 さらにモンゴルと中国の国境線沿いに進み、中国の甘粛省、内モンゴル自治区、寧夏回族自治区を横切って、南に進み日没を迎える。

 残念ながら上海や北京などの沿岸部ではわずかに30%程度太陽が欠ける程度の日食しか観測出来ないとのことだが、それでも太陽が欠けた状態のまま日没となる日没帯食が観察できる。

 ただ、太陽の高度が非常に低い場所で日食が始まるので、都会では大気の状態や、周辺のビルなどの建築物の影響で食が始まる前に見えなくなってしまう可能性はある。よって環境によっては気がつかないまま終わってしまうかもしれない。

 世紀の大イベントなのに非常にもったいない気がするが、実はもし今年を見逃したとしても来年の7月22日にチャンスがもう一度あるとのことだ。

 二年連続で同じ国内で皆既日食が、見られるのは奇跡に近いことだと中国政府が自慢していたような記事を見たことがあるが、これだけ国土が広いことを考えればそれほど大騒ぎすることではないと思った記憶がある。

 その奇跡がどうかとかはともかく、来年の皆既日食は上海など沿岸部で観察できるとのことのようで、是非こちらも心待ちにしたい。

 と保険をかけたところで、まずは今年の皆既日食を忘れなかったら見ましょう!