ようやく2015年の中国の年間休日が発表される

 本来は12月11日に発表されるとされていた中国の年間休日カレンダーがようやく今日になって国務院から正式に発表されましたので取り急ぎご報告します。(前回のブログはこちら

 2015年の年間休日の内容

①元旦休日
 1月1日~3日までの3連休(4日の日曜日は出勤日)
②春節連休
 2月18日~24日までの7連休(2月15日の日曜日、2月28日の土曜日は出勤日)
③清明節連休
 4月5日(日)が祝日で6日の月曜が振替え休日
④労働節連休
 5月1日(金)が祝日で2~3日が週末で連休
⑤端午節連休
 6月20日(日)が祝日で21日の月曜が振替え休日
⑥中秋節
 9月27日(日)が祝日で振替え休日はなし
⑦国慶節
 10月1日~7日までの7連休(10月10日の土曜日は出勤日)

となっている。
 昨年と違い春節前の大みそかに当たる除夕が連休に含まれたほか、各節目の日が2015年は日曜日にあたるケースが多いことから、概ね翌日に振替え休日を設定して連休とされているが、中秋節は国慶節の連休に連なることもあって振替えの休みが設定されなかった。
 まあ大方予想通りではあるが、振替え休日の扱いに苦労が有ったと見られ、長引いた結果年末まであと2週間での発表となったと推測される。
 まるで、明治政府の新暦切替えのごときギリギリ具合であり、もうちょっと早く決まってほしいと思うこの中国のカレンダーである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com