次回冬季五輪は北京なのに盛り上がらない上海の街

 韓国平昌で冬季五輪が始まった。

 日本のYAHOOのトップページでは連日、その日の競技の結果速報などが登場しているため、始まったことは分かるだが、上海の街に暮らしているとその盛り上がりはどこか遠い世界の出来事で、盛り上がりに乗り切れない。

 日本だと連日、スポーツ紙の一面やテレビのCMなど、オリンピックに関係する情報がどんどん流れるので、ああ今がオリンピック期間なのだなと、嫌が応にでも盛り上がるのだが、どうもそういったものは見られない。

 まあ中国は既に今年の春節(2月16日)を前にして、帰郷モードや休みモードにはいっており、私の会社も出勤はしているものの開店休業状態になってしまっていて、オリンピックには興味が向いていないようである。

 そのため、オリンピック開催中であるような雰囲気は上海の街では見かけないのだ。
 競技の中継そのものはCCTVでやっているので、テレビを見ない私でもネットを通じて観戦することは出来るのだが、巷の話題には全くならない。
 WECHATのモーメンツでも、オリンピックの話題は全くなく、既に上海を脱出した面々の海外旅行先の写真などが上がっている。
 ただ、考えて見りゃ、平昌の次の2022年の冬季五輪は北京開催、つまり自国開催であり、そういった意味でもう少し盛り上がらないとちょっと心配なのだが、どうも上海の人たちに冬の五輪は人気が無い。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com