15.5元のランチ定食

 先日のちょっと高めのトンカツも美味しかったが、私の家の近所ではもっとリーズナブル価格のランチもある。

 それが前回も一度紹介したローカル食堂的な早陸晩玖というチェーン化されているお店である。

 このお店は、まだ業務パターンを模索中なのか、準備されるランチのパターンがまだ安定しないのだが、総じて15元から30元の間で幾つか提供されており、今月は8パターンほどの日替わりメニューが提供される。

 その中で先日食べたのが写真の定食で、たった15.5元だった。

早陸晩玖の定食

早陸晩玖の定食

 この時のメニューは、本帮辣醬(カシューナッツ味噌炒め)、蝦仁豆腐、豉油杭白菜(蒸しレタス)、番茄蛋皮湯(トマト卵スープ)など、値段が安い割には栄養バランスも良く、彩りのバランスも美しい。

 味も、今回のものはとてもよく美味しく食べられた。

 まあ全てのメニューが食べやすいかどうかは、何とも言えないが、そんなに食べにくいメニューに出くわしたことも無いので、どれを頼んでもそこそこ食べられる。

 近所の他のお店では 10元以下で牛肉麺とかチャーハンとかも1食分十分食べられるのだが、栄養バランスなどを考えると、このセットは身体にも財布にもいいバランスでだと思う。

 68元のトンカツ定食、15.5元のローカル定食、4倍以上の値段の差があるが、どれもそのメニューなりの価値がある食事が食べられるが中国の面白いところである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com