海外旅行保険の延長を拒否された。

昨年の帰国時に加入した海外旅行傷害保険だが、今回延長の手続きをしようとしたらなんと更新を拒否されてしまった。

 昨年から副鼻腔炎などで何度となく病院に通う羽目になっていたので最初から嫌な予感はしており、今回実際更新できずやっぱりという面もあるがやはりちょっとがっくりだ。  

 この1年振り返ると副鼻腔炎その他で少なくとも5~6回は通ったという感じだ。ローカルの病院を避けて、日系のクリニックにかかったのが大きな要因かもしれない。

 薬も多かったので会計を見たら1回平均1200元は取られていたようだ。これでは年間の保険料を考えれば保険会社も赤字かもしれない。

 まあ保険会社も商売であろうから、損する客は引き受けられないのも当然で、こちらとしては文句も言えないのだが、個人的にはさーて困ってしまったというところである。
 来週早々に今の契約が切れてしまうのでその後暫くは無保険状態になってしまう。よって当面迂闊に病気にかかれない。行けても地元の人と同じようにローカル病院に通うほかなくなるだろう。

 今度の一時帰国の時に何らかの策を探すつもりだが、病気とお金、ちょっと面倒くさい現実に直面した2010年の春である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com