1泊3万元も!海南島のホテルが暴騰中

 先日、一泊7千元のホテルがあるとニュースに出ていたが本当にそんなに高いのかと思って、携程網という中国大手の旅行サイトを覗いたところなんと1泊3万元という料金を見つけてしまった。

 日本円換算で40万円である。

33138_1

 中国の正月である春節を迎えるタイミングの、国内屈指のリゾート地のスイートルームの価格なのでまあ高いのは理解できるがそれにしてもである。
 聞くところによりと、当初はそれほどでもなかったのだが日々どんどん価格が改定されてこれほどまでに暴騰しているらしい。

 この価格でもまだ残っているならマシでほとんどの部屋が埋まってしまって、三亜近辺ではまず空室がなく取れないようだ。
それにしてもあきれるほど高い。40万円あればヨーロッパでも東南アジアのリゾート地でもどこでも行けそうだが、何故海南島なのだろうかと不思議に思ってしまう。
 それ程まだ中国人にとって国境の壁は高いということであろうか?

 こんな高くても泊まってくれる客がいればホテルは当然のことながら大儲けであるが、じゃあ手数料で儲ける旅行会社もウハウハかというと実はそうでもないらしい。
 逆に連日のホテルから価格変更提示でお客に対する案内が追いつかなく、度重なる値上げにクレームを受けていて悲鳴を上げているようだ。
 お客に宿泊料を提示した直後にホテルが値上げをしてくるので、元の提示額では受け付けてくれずお客に怒られるといったケースが続発しているらしい。もともと変動相場制のホテルの価格とはいえ、今回の変動はあまりにも激しいらしく旅行会社としては手数料以上に信用を失ってしまうのでいい迷惑とのこと。

 3万元などという価格は一生払う気がない私であるが、季節外れの安くなった時期に行ってみて3万元分の気分を味わえないものかと今秘かに模索している。
3万元の部屋は果たしていったい幾らまで安くなるのだろう?ちょっと興味がある(笑)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com