中山公園でスパイシーなカレーライス MasterCurry

中華料理のローカルのお店のメニューにもカレー料理は良くあるのだが、日本人が納得するようなカレーは少ない。日本のカレーライスと別物だと諦めえてしまえば、極端に不味いとも思わないのだがやはり日本のカレーライスが時々食べたくなる。
日本にいたときは一人暮らしで自炊だったにも関わらず最低月に2回は鍋一杯にカレーを作っていた。上海にはあの有名な大手チェーンも進出してきており、私も良く通うのだが、カレー好きとしてはやはり時々別の刺激を求めたくなる。

13151

 そこで見つけたのが龍之夢ショッピングセンターの中にあるこのMasterCurry。龍之夢の中のエスカレーター空間の踊り場のような位置にあるのでちょっと見つけずらかったのだが、4階から7階に向かうロングエスカレーターの途中から見えた6階のお店に、7階から階段を駆け下りそのまま飛び込んでしまった。
 店の雰囲気は高級な喫茶店か西欧料理のような雰囲気。店の周囲がガラス張りなので、外からも内からもよく見えてしまう。

13151b

メニューは、日本人向けというより中国人に向けたようなカレーメニュー。カツカレーなどもあった気がするが、ここは王道のビーフカレーを注文。辛さも3段階で選べて中辣を頼んでみた。

13151b_2

13151_2

 で、出てきたのが写真のカレーである。正直言えばライスは若干硬めで量が少なく不満が残ったが、ルーは刺激的でおいしかった。非常にスパイシーかつ果物(恐らくリンゴ?)系の味が溶け込んでいてジューシーさも残している。 辛味の刺激が強く味の細かい部分まで掴みきれなかったが、味には結構満足した。上海でのカレーレパートリーの一つに加えても良いお店であるので、機会を見つけてまた通いたい。
 ところで時々疑問なのだがカレー店にはコーンポタージュのスープがつく場合が多い。西洋的なイメージでくくられているせいであろうか?ちょっと不思議である。

MasterCurry 魔厨 卡利 専業咖哩工房
上海市長寧路1018号中山公園龍之夢中心6F紅藍中庭間
021-6211-3230
営業時間AM10:00-PM10:00



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com